TOP

福島原発関連情報

母乳から放射性ヨウ素検出~市民団体が記者会見

市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」は4月21日、厚生労働省で記者会見をし、独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析した結果、茨城県3名、千葉県1名のお母­さんの母乳から放射性ヨウ素131が検出されたと発表。

原発事故の補償はどうなる?~第1回会合開催

政府は15日、「原子力損害賠償紛争審査会」の初会合を開催し、福島第一原発の事故による損害賠償の範囲を決める議論に入った。

福島原発10基廃炉に~署名2万8000筆を提出~

Video preview image

福島原発の「廃炉」を求める有志の会は14日、東京電力と菅総理宛てに福島第一原発6基と第2原発にある4基の計10基の廃炉を求める署名を提出した。
 

城南信用金庫が脱原発宣言!~理事長インタビュー

Video preview image

城南信用金庫は8日、自社のホームペーに「原発に頼らない安全な社会へ」というメッセージを掲載。金融機関が「脱原発宣言」ともとれるメッセージを発信したことが、インターネット上で大きな話題となっている。吉原毅理事長が、メッセージを発信した背景を語った。
 

24時間東電に貼り付くチーム岩上~記者会見の舞台裏

Video preview image

4月13日、ようやく東京電力の清水正孝社長が記者会見に臨んだ。清水社長が公式な記者会見場に顔を見せたのは、福島を訪問した際にぶら下がりインタビューに応じた以外は 、計画停電を発表した3月13日のみ。1ヶ月ぶりに大勢の記者の前に顔を見せたことになる。
 

緊急シンポジウム 「原発事故とメディア」

東日本大震災から1ヵ月を経て、なお予断を許さない状態が続く福島第一原子力発電所。

デモカルチャーへ注目集まる

3月10日に高円寺で行われた反原発デモに、全く未組織の一般市民15000人が参加したことをきっかけに、デモへの注目が集まっている。
 

 

仏メーカーが格安の放射線測定器を発売

フランスの計測器メーカー「ナノセンス」(本社:フランス)が、「放射線計測器 ガイガーカウンター」の日本語版発売を発表した。

グリーンピース調査~直売所野菜から基準値上回る放射線

国際的な環境NGO「グリーンピース」は11日、外国人特派員協会で記者会見を開き、独自の放射線調査の結果を発表した。同団体は、今回の調査結果を受け、政府に対し、高い放射線に汚染されている地域の住民へ避難指示を出すよう要請した。同団体が調査を行ったのは、今回で2回目。
 

4月10日 全国各地で反原発デモ

福島第一原子力発電所事故発生から1ヶ月となる4月10日、全国各地で、反原発デモが行われた。デモが行われたのは、東京のほか、札幌や富山、鎌倉、名古屋、京都、広島、熊本、沖縄など10個所。