TOP

JOC竹田会長、退任表明~五輪招致の汚職疑い

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 03/19/2019 - 11:43


 
2020年東京五輪・パラリンピックの招致をめぐる汚職疑惑で、フランス当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が19日、JOCの理事会で退任する意向を表明した。竹田会長は会見で、汚職への関与を否定したが「(詳細は)まだ調査中で答えられない」と述べた。
 
竹田会長は理事会で「世間をお騒がせしたことを心苦しく思っている。JOCの将来を思うと、次代を担う新しい若いリーダーに託して新しい時代を切り開いてもらうことがふさわしい。定年を迎えるJOCの会長を退任する」と述べて、今年6月の任期で退任することを表明した。
 
「名誉毀損だ」理事からは擁護の発言相次ぐ
 
これに対して理事などからは、竹田会長を擁護する発言が相次いだ。黒川光隆監事(日本スポーツ芸術協会理事長)は、今回の一連のメディアの報道に対して、「メディアは会長の実像に触れていない」と批判。70歳で定年になる現在の規定を75歳まで引き上げて、「2020年まで竹田会長でやってもらいたい」と主張した。
 
また、塚原光男理事(日本体操協会副会長)は、「名誉毀損されたまま終わるのか」と述べて、松丸喜一郎常務理事(日本ライフル射撃協会会長)は、「(今回の疑惑は)JOCごととしてとらえて、潔白を晴らしていく」と訴えた。JOCは6月に評議員会で新理事を選び、新理事による互選で会長を決める予定だ。
 
関連動画
「JOC竹田会長、7分で会見打ち切り 質疑なし」(2019年1月15日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2358
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。