TOP

市民団体が平昌五輪視察「環境破壊に人権侵害、日本と同じ問題」

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 02/23/2018 - 06:40


 
メダルラッシに沸く韓国で開催中の平昌五輪。その影で、原生林の破壊や、住民の強制移転が行われた。東京五輪の開催に反対する市民が、その現場を視察し報告会を開催した。
 
今回、韓国視察に行ったのは、東京五輪の開催に反対してきた「反五輪の会」のメンバーで、研究者とアーチストの2人。交流のある市民団体などを頼りに4日間、スケート競技が開催された街カンヌンや、スキー競技が開催されたピョンチャンを訪問。
 
スキー競技が行われた山では、山林保護地区の原生林40万本が切り倒されていた。環境保護団体が競技場前で抗議行動を展開していたという。
 
南北融和ムードに包まれた今回の五輪。五輪に反対する声は少数派だ。しかし、膨大な経費に対する反発もあり、カンヌンの街では、住民やアーチストなどが市民メディアセンターを設置。連日情報発信を行っていた。
 
韓国を視察したアーチストのいちむらみさこさんは、昨年リオ五輪にも足を運んでいる。「日本の五輪報道は感動的な面だけが報道されている。しかし、どの五輪会場でも、環境破壊や、人権侵害などが起きている。被害を受けている人と繋がり、東京五輪の批判をしていきたい」と語った。
 
ビデオ内で使用している写真:(c)反五輪の会
 
関連サイト
反五輪の会
https://hangorin.tumblr.com/
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。