TOP

甲状腺がんの子103人〜福島で10万人に30人

投稿者: ourplanet 投稿日時: 日, 08/24/2014 - 17:12


 
東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べている福島県の「県民健康調査」の検討会が24日、福島市内で開かれ、甲状腺がん悪性と診断された子どもは、悪性疑いも含め103人になった。すでに手術を終え、甲状腺がんと確定した子どもは57人に達した。
 
2011年秋から開始している福島県内の甲状腺検査。福島県内のすべての地域で1回目の検査を終了し、事故当時18歳以下36万人のうち約8割に約29万6000人が受診した。県内では最も遅い時期に一次検査を実施した会津地域の2次検査結果も8割以上が判明し、2次検査の穿刺細胞診で悪性または悪性疑いと診断された人は104人となった。そのうち、すでに手術を終えたのは58人で、一人は良性結節だったものの、乳頭ガンが55人、低分化がんが2人と確定した。
 
福島県立医大は今回、地域別の発症率を算出した。それによると、悪性および悪性疑いの割合は、県全体で10万人に30人。地域別では浜通りでは35.3人、中通りで35.4人、会津で27.7人となった。1991年から1996年まで、チェルノブイリの汚染地域で甲状腺がんのスクリーニング検査を行った長崎大学のデータによると、ジトーミル州のコロステンで10万人に31人、キエフで22人とされており、福島の結果はチェルノブイリの汚染地域に匹敵する割合となっている。
 

 

高村昇(長崎大学原爆後障害医療研究所)「チェルノブイリ原子力発電所と 健康影響」(2013年6月24日)
http://www.jrsm.jp/shinsai/kouen-1_takamura.pdf
 
検査開始当初は、100万人に2〜3人とされていた子どもの甲状腺がん。検討会では、スクリーニング検査による過剰診断との声も上がる中、星座長から「甲状腺検査に関する論点整理」と題する中間まとめが出され、検査の目的や検討会の役割について再検討すべきではとの問題提起があった。これに対し委員からは、被曝の影響かどうかを解明する必要があるとの意見が出た一方で、あくまでも子どもたちの健康を見守る検査であるべきだとする慎重論も出た。
 
記者会見・前半

 
記者会見・後半

 
資料:
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/kenkocyosa-kentoiinkai-16-si...
 
なおOurPlanetTVでは、福島県立医大の区分け及びUNSCEAR(国連科学委員会)の線量評価を参考に福島県を9の地域に分けて、人数割合を算出した。
 

  
 
UNSCAER 2013和訳版 P30 「事故後1年間の成人の実効線量」

UNSCAER 2013 P187「事故後1年間の1歳児の甲状腺等価線量」
http://www.unscear.org/docs/reports/2013/13-85418_Report_2013_Annex_A.pd...
 
疫学を専門とする岡山大学津田敏秀教授のコメント
 福島県内の市町村をまとめて甲状腺がん細胞検出例の発見割合を比較すると、会津と二本松市周辺とでは2倍以上の開きがある。二本松市周辺の地域で1年早く検診が実施されたことを考慮すると、より大きな開きとなる。福島県内にバラツキがないとの意見があるようだが、これほどの差があれば、スクリーニング効果と説明するのは難しい。
 そもそも、現在の桁違いに高い発見割合は、チェルノブイリ周辺の非曝露地域等での未成年を対象とした甲状腺がんのスクリーニングによる検出割合と比べると、スクリーニング効果に
よる説明をしたところで、安心すらもたらさない。今回、いわき市での発見例が多くなっていることは、それだけ空間線量率に左右される外部被ばく以外の被ばくの効果も重視すべきことを示している。すなわち、空間線量率が比較的高い県だけでなく、海岸に沿った南の方向も重視すべきである。
 チェルノブイリ周辺のベラルーシとウクライナでは、事故後翌年からすでに徐々に多発が起き、事故後4-5年後の大きな多発につながった。この事故後4-5年以前の多発が、福島でも起きていることを示す結果を十分に認識し、医療資源の確保や県外特に南の方角の県での症例把握の体制の整備など、何らかの対策を具体的に検討し、早めに実施すべきだ。
 
関連ニュース
2014年6月12日
リンパ節転移が多数~福島県の甲状腺がん
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1793
2014年5月16日
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1778
2014年3月2日
「甲状腺検査は過剰診療か」がん増加で激論〜福島健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1735
2014年2月24日
福島の甲状腺がん「放射線影響ではない」〜国際会議
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1732
2014年2月21日
「甲状腺がん、放射線の影響か」国際会議で議論はじまる
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1731
2014年2月5日
甲状腺がん悪性・悪性疑い74人〜福島健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1727
2013年12月21日
「100ミリ以下はがん増えない」誤り〜専門家会議で一致
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1706
2013年11月26日
福島健康調査・甲状腺検査評価部会
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1686
2013年11月12日
福島県検査で甲状腺がん58人~最年少は8歳
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1674
2013年8月21日
甲状腺がんデータに大幅ミス〜福島県民健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1633
2013年8月20日
甲状腺がん悪性、悪性疑い43人〜福島県民健康管理調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630
2013年2月13日
福島県甲状腺検査~3人が甲状腺がん、7人悪性疑い
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1532
2012年9月15日
甲状腺の検査改善求め~市民が県立医大に要望
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1441
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。