TOP

「日本の科学は危機的」〜「宮崎早野論文」と研究不正調査を検証

投稿者: ourplanet 投稿日時: 土, 09/14/2019 - 17:00
第1部アーカイブ




本人の同意を得ずに、福島県伊達市の全住民の被ばく線量を解析していた「宮崎早野論文」問題をめぐり、研究不正調査の結果を問う東京大学出身の研究者らが9月14日、「科学の健全な発展を望む会」を結成し、科学コミュニティの問題を考えるオープンフォーラムを開催した。

メンバーの一人、高エネルギー加速器研究機構の黒川眞一名誉教授は、東京大学で研究不正調査が行われた「宮崎早野論文」の解析や調査について講演。同論文には様々な問題が多数含まれているが、東大が十分な調査を怠っているとして、「日本の科学は危機的状況にある」との認識を示した。
黒川眞一名誉教授のスライド

また慶応義塾大学の濱岡豊教授は、「個人線量測定」をテーマにした「宮崎早野論文」以外の論文を取り上げ解説。統計学の立場からみると、解析対象の代表制や解析方法に問題があると指摘した。
濱岡豊教授のスライド

神戸大学の牧野淳一郎教授は、2011年3月の専門家の言動から、宮崎早野論文が生まれた経緯を検証。多くの専門家が事故直後から、市民の不安を低減するために、事故や被曝を過小評価してきた事実を紹介し、専門家の抱える問題について述べた。
牧野淳一郎教授のスライド

第2部アーカイブ


第2部では、市民との質問に答える形式で、ディスカッションを行った。市民からは、「空間線量と個人線量計は目的が異なるはず」といった意見や、「宮崎早野論文」が誕生した背景などについて質問が相次いだ。


科学の健全な発展を望む会
https://science-integrity-2019.jimdosite.com/


すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。   ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。