TOP

横浜最大「ホタル生息地」の再開発計画が決定

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 01/16/2018 - 18:00


 
横浜最大の「ホタル生息地」であり、自然豊かな里山として知られる「瀬上沢」。この里山の木々を伐採し、公園や宅地、商業施設などを建設する都市計画案が15日、横浜市の都市計画審議会で可決された。
 
横浜市の都市計画審議会は、学識経験者、横浜市議、自治会長など26人で構成し、市が提案する都市計画を審議する機関。審議会で市の担当者が「瀬上沢」を開発するための都市計画案を説明すると、委員からは意見や質問が相次いだ。
 
今野典人委員(横浜市議)は、都市計画法で開発が制限されている「市街化調整区域」を「市街化区域」に変更して開発することを指摘し「国の方針と逆行するのではないか。疑問がある」と意見を述べた。また、緑地を削り新たに2つの公園をつくることについて、山野井正郎委員(神奈川県宅地建物取引業協会副会長)は「緑地に公園をつくることが自然破壊になるのではないか。これがベストの案なのか疑問府が残る」と今回の計画に反対の立場を示した。
 
市の担当者は、開発計画が地権者の同意を得ていることや、緑地の一部を「特別緑地保全地区」に指定して保全することなどを説明し「緑を守るべきとこは守る」と主張した。また、今後横浜市の空き家率が増加する懸念を示しながらも「若い人に選ばれる住宅地を供給した方がいいのではないか」と説明した。審議が約1時間にわたって行われた後、挙手による採決が行われ、賛成多数で計画案を可決した。
 
審議会長の森地茂教授(政策研究大学院大学)は、OurPlanetTVの取材に対して、開発が抑制される「市街化調整区域」であっても、他の地域では地権者が動物霊園をつくった事例があると説明。「市街地にお年寄りばかりだと、商店や生活サービスが維持できなくなる。今のままでいいんだって言っていると、皆さんが困るし地域が衰退していく。長期を見渡して決断しなければいけない」と開発の必要性を述べた。
 
今回の審議会には、一般傍聴枠20人に対して80人余りがかけつけて、席が抽選になるなど、市民の関心が高かった。開発計画の撤回を求めている地元の市民団体「横浜のみどりを未来につなぐ実行委員会」のメンバーは、審議会開催前に横浜市庁前で「開発計画を止めてください」と抗議行動を行った。審議会を傍聴した同団体の角田東一さんは「周辺住民の同意をとっていない。このままでは緑地がどんどんと減っていく。最終決定で市長が却下して欲しい」と肩を落とした。
 
関連動画
緑地開発「中止」の住民投票実現せず~横浜・瀬上沢(2017年12月20日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2202
横浜「ホタルの生息地」再開発めぐり~住民投票めざし署名運動(2017年11月8日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2183
 
関連リンク
横浜市都市計画審議会
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/kikaku/cityplan/tokeishin/
横浜のみどりを未来につなぐ実行委員会
http://livegreenyokohama.com/
NPO法人ホタルのふるさと瀬上沢基金
http://www.segamikikin.org/
SAVE!SEGAMI
http://savesegami.com/
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。