TOP

福島原発関連情報

甲状腺がん患者への支援100人へ〜7人は再手術


(3・11甲状腺がん子ども基金が療養費給付を発表した昨年11月30日の記者会見)
 

福島原発事故後の基準値を検証へ〜放射線審議会

Video preview image

放射線審議会は25日、原発事故以降、各省庁で設定された様々な基準値について検証に着手することを決めた。各省庁に調査票を配付して、それぞれの基準値の検討過程や基準の根拠などを調べるほか、運用状況なども調査する方向だ。

楢葉の小中学校で初の原発避難訓練

Video preview image

東京電力福島第二原子力発電所から4キロに位置する楢葉町の小中学校3校が14日、原発事故を想定した合同の避難訓練を行った。3校が今年4月に楢葉町に戻ってきた3校にとって、初の取り組みとなる。
 

福島の甲状腺がん解明へ〜新潟県「健康分科会」検討開始

Video preview image

 
「東京電力福島第一原子力発電所事故の徹底的な検証がなされない限り、柏崎刈羽原発の再稼働はない」
 

小児甲状腺がんのDNA解析〜研究拠点は長崎大


日本財団ブログより(内堀福島県知事に検査縮小を提言する山下俊一教授(右から2人目))
 

福島県外の原発被害仲介打ち切り〜ADRで異例決定

Video preview image

東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能被害をめぐり、栃木県北部の住民らが、福島県民と同様の精神的賠償を求め、原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、同センターは21日、和解仲介手続きを打ち切ることを住民側に伝えた。

【東電刑事訴訟】指定弁護士・冒頭陳述

1 問われるもの
人間は、自然を支配できません。私たちは、地震や津波が、いつ、どこで、どれくらいの大きさで起こるのかを、事前に正確に予知することはかないません。だから、しかたなかったのか。
 

南相馬市小高中学校の「仮設校舎」をVRで実体験

OurPlanet-TVが2013年から継続取材してきた南相馬市小高中学。この春、小高中学は小高区にある本校舎に戻り、事故後6年、生徒たちが過ごしてきた仮設校舎は、取り壊されることとなりました。
 
「設備が不十分でも、この仮設校舎が大切な母校」