TOP

福島原発関連情報

南相馬市小高中学校の「仮設校舎」をVRで実体験

OurPlanet-TVが2013年から継続取材してきた南相馬市小高中学。この春、小高中学は小高区にある本校舎に戻り、事故後6年、生徒たちが過ごしてきた仮設校舎は、取り壊されることとなりました。
 
「設備が不十分でも、この仮設校舎が大切な母校」

「保養」に公的支援を〜福島の母親ら政府に訴え


放射能を気にせずに、屋外で思い切り、子どもを遊ばせたいー。

甲状腺検査の専門家会議〜環境省が全額負担

(国際会議について説明をする環境省の梅田珠実環境保健部長 2016年12月27日撮影)
 

甲状腺がん190人〜公表データ以外の把握、検討へ


記者会見(データに含まれていない症例把握について活発に質問が飛んだ)
 

【出版記念シンポジウム】3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?

 東京電力福島第一原子力発電所事故により、東北から関東の幅広い地域に放射性物質が拡散しました。しかしこの6年間、国の責任による検診は一切、実施されていません。こうした中、地域で暮らす住民や学校の関係者は一体、何をすべきなのか。