TOP

ニュース

「脱原発」自然エネルギー財団を設立へ~孫正義氏会見

ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、2011年4月22日夜、自由報道協会の主催で行われた会見で、原発から自然エネルギーへの転換を訴え、私財で約10億円を投じ­、太陽光や地熱、風力発電など自然エネルギーの利用について政策提言する「自然エネルギー財団」の設立について説明した。

子どもの安全基準、根拠不透明~市民の追及で明らかに

福島老朽原発を考える会をはじめ3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回するよう交渉を行った。

母乳から放射性ヨウ素検出~市民団体が記者会見

市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」は4月21日、厚生労働省で記者会見をし、独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析した結果、茨城県3名、千葉県1名のお母­さんの母乳から放射性ヨウ素131が検出されたと発表。

震災ボランティア・NPOが政府と2回目の連絡会議

被災地支援に取り組むNPOやボランティア団体のネットワーク「東日本震災支援全国ネットワーク」と各省庁が意見交換を行う「震災ボランティア・NPO等と各省庁の定例連絡会議」の第2回目会合が、都内で開催された。
 

原発事故の補償はどうなる?~第1回会合開催

政府は15日、「原子力損害賠償紛争審査会」の初会合を開催し、福島第一原発の事故による損害賠償の範囲を決める議論に入った。

緊急シンポジウム 「原発事故とメディア」

東日本大震災から1ヵ月を経て、なお予断を許さない状態が続く福島第一原子力発電所。

デモカルチャーへ注目集まる

3月10日に高円寺で行われた反原発デモに、全く未組織の一般市民15000人が参加したことをきっかけに、デモへの注目が集まっている。