TOP

ニュース

福島第一原発の現地映像~限定取材に海外ジャーナリスト反旗

Video preview image

11月12日、政府は、内閣記者会などに所属するメディアに対して、福島第一原子力発電所を公開したが、イランの国営放送PressTVの日本支局長が、一部のメディアのみが対象だったことに抗議して、撮影動画をフリーランスやネットメディアに無償配布をはじめた。
 

東電株主ら、経営陣に代表訴訟も~賠償額5兆5045億円

Video preview image

福島第1原子力発電所の事故を巡り、「脱原発・東電株主運動」のメンバー42人が、11月14日、東京電力の監査役全員に、現取締役及び歴代取締役61人に対し、損害賠償請求訴訟を提起するよう提訴請求書を送付したと記者会見で明らかにした。
  

どうする?震災がれきの処分~環境汚染と廃棄物の専門家が忠告~

Video preview image

東日本大震災で出たがれきはどう処理すればいいのか?東京都は、11月3日から岩手県宮古市のがれきを都内に運び込み、8日から焼却灰を、東京港にある中央防波堤に埋め立てを開始した。
 

福島原発〜2号機で再臨界の可能性

東京電力は2日未明、福島第一原子力発電所第2号機で、原子炉格納容器から半減期の短いキセノン133、135を検出。原子炉内で核分裂が起きている可能性があるとして、午前2時48分に、原子炉の注水ラインよりホウ酸水の注水を始めた。
 

 

福島原発で働いているのは誰か?~作業員Tさんインタビュー(後半)

Video preview image

このインタビュー収録を行った10月6日、福島第一原発で働く作業員の方が亡くなったというニュースが流れた(事故後3人目)。 福島原発作業員の多くは、地元の福島出身・在住者である。そして事故後は被災者となって自宅や家族を失った人も多い。
 

福島原発の下請け構造とは?~作業員Tさんインタビュー(前半)

Video preview image

福島第一原発では事故後、毎日2000人~3000人程度の作業員が働いている。東京電力社員の割合は極めて低く、その多くは東電の関連企業や下請け会社に所属している人たちだ。
 

渡利の子どもの避難を求め、政府交渉

高い放射線量が測定されている福島市の渡地地区の住民30人が上京し、10月28日、渡利地区全世帯の詳細調査を再度実施することや、妊婦と子どもの避難などを求め政府と交渉を行った。
 

 

原子力災害対策本部は保安院?〜実態なく、違法状態か!?

原子力緊急事態宣言が出された際に、総理大臣が内閣府内に設置することを義務づけられている原子力災害対策本部が、事実上、内閣府には設置されておらず、防災基本計画にある広報窓口の一元化も全く行われていないことがわかった。

正念場!~どうなる自主避難者の補償

Video preview image

東京電力福島第一原子力発電所事故によって、政府の指定した避難区域以外の地域からも、多くの人が避難を強いられている。これまで、政府内でほとんど議論されて来なかった、この「自主的避難者」へ対する補償をどうするか、今、重要な局面にある。