TOP

人権・暴力

「被ばくは国の責任」井戸川前双葉町長が裁判で追及

Video preview image

東京電力福島第一原発事故により、「被曝し、精神的な被害を受けた」として、双葉町の井戸川克隆前町長が国と東京電力に対し、およそ1億5000万円の損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が21日、東京地裁で開かれた。
 

フクシマからヒロシマへ〜70年目の旅

Video preview image

8月6日の原爆の日、原爆ドームの前には、福島の人たちの姿があった。「フクシマ meets ヒロシマ」ツアーに参加した人たちだ。旅を呼びかけたのは、黒田レオンさん。6才のとき、爆心地から2キロにあった自宅で被爆した。
 

「残業代ゼロ」法案にNO!街頭ビジョンで動画放映

Video preview image

政府・与党が秋の臨時国会での成立を目指す労働基準法改正案。この廃案を訴える「ブラック企業被害対策弁護団」が法案の問題点を指摘するビデオを作り、有楽町駅前の大型ビジョンでながすキャンペーンを始めた。

人権団体が死刑に抗議〜安倍政権下22人目

Video preview image

上川陽子法務大臣が24日、死刑囚1人の死刑を執行したと公表したことを受け、人権団体が死刑執行に抗議する緊急声明を発表した。安倍政権下では、第1次安倍内閣で10人、第2次安倍内閣で11人が執行されており、通算22人となる。

「住宅支援の継続を」福島県庁前で避難者がハンスト

Video preview image

東京電力福島第一原発事故で、福島県富岡町から神奈川県へと避難を余儀なくされた坂本建さんが、4日から福島県庁前でハンガーストライキを始めた。
 
坂本さんが求めているのは、「自主避難者(区域外避難者)への住宅支援」と「福島県知事が避難者の声を直接聞く公聴会の開催」。

「マーケティング」「民活」を重視〜渋谷新区長

Video preview image

同性パートナーシップ条例を発案し、注目を集めている渋谷区の長谷部健氏が、初の記者会見に臨んだ。広告代理店出身の長谷部氏が会見で繰り返した言葉は、「成り上る」と「マーケティング」。「プロデューサー」として、民間企業を最大限に活用した区政運営への意欲を示した。
 

「帰還の強要」撤回を求め提訴〜〜南相馬特定避難解除

Video preview image

東京電力福島第一原発事故で局地的に放射線量が高くなった「特定避難勧奨地点」の解除をめぐり、福島県南相馬市の住民らが17日、国の指定解除は違法だとして、解除取り消しと慰謝料を求めて東京地裁に提訴した。年間20ミリシーベルトという国が定めた避難基準が果たして妥当なのか。

「炊き出しは政治活動」同性婚PRの渋谷区長

Video preview image

同性パートナーを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を区議会に提出した渋谷区の桑原敏武区長が23日、外国特派員協会で記者会見を行った。桑原区長は、条例をアピールする一方で、渋谷区で問題となっている野宿者排除については、問題ないとの考えを示した。
 

後藤さんの母会見〜「イスラム国」邦人殺害警告

Video preview image

「イスラム国」で捕虜となっているジャーナリスト後藤健二さんの母、石堂順子さんの記者会見が1月23日、外国人特派員協会で開催された。
 
石堂順子さんの声明