TOP

Documentary

あなたと一緒に美術館へ~視覚障害者美術鑑賞の取り組み~

Video preview image

「目が見えない人は、美術を楽しむことができない」そんな先入観を持っていないか。視覚障害者だけでなく、目が見える人にとって新たな発見をもたらす"会話"による美術鑑賞の取り組み。
 
構成:河原由香里(2005年・8分)

ぼくらの学校なくなるの?~立ち退き問題に揺れる朝鮮学校~

Video preview image

東京・江東区枝川地区。在日コリアンが多く居住する地域に、朝鮮の民族小学校がある。いま、この学校の立ち退き問題が持ち上がっている。
  
取材・制作:近藤剛、後藤由耶(2004年)

フラメンコ道

Video preview image

フラメンコに魅せられスペイン留学をする日本女性が増えています。彼女たちはフラメンコに何を求めているのか?スペイン人の専門家の目に日本人のフラメンコは、どう映るのか?スペイン在住の作者が素朴な問いを映像化しました。*第2回トーチプロジェクト受賞企画

MIYASHITA PARK-TOKYO/SHIBUYA- Can the domocracy be bought for money?PART1

Video preview image

The closest park to Shibuya station.「Miyashita Park」It will be called Miyashita NIKE Park in April.The whole area will be renovated and a brand-new skateboard rink and climbing walls will be opening,with NIKE Japan's expense.The price of annual naming rights costs $170,000,

MIYASHITA PARK-TOKYO/SHIBUYA- Can the domocracy be bought for money?PART2

Video preview image

The closest park to Shibuya station.「Miyashita Park」
It will be called Miyashita NIKE Park in April.The whole area will be renovated and a brand-new skateboard rink and climbing walls will be opening,with NIKE Japan's expense.The price of annual naming rights costs $170,000,

エノアールカフェ~We are living in the Park!~

Video preview image

つい数年前まで400人近い人々が暮らしていた都内の公園。そこに住むことを選んだ2人の若者がいた。彼らは公園に暮らす人々とともに「カフェ」や「絵を描く会」などをひらきながらユニークな居場所を創り出していく。

ろう映画って何だろう?

Video preview image

ろう者が出演し、セリフは手話で表現される「ろう映画」。「ろう映画」は、一般の映画とどんなところが違うのだろう?単に音がない映画だろうか?音が聞こえる聴者も楽しめる映画なのだろうか?――そんな疑問を持ち、ろう映画の製作現場や上映会を取材した。

What is a deaf film?

Video preview image

Deaf person performs and sign languages are used in "a deaf film". What is it differs from general movies? Is it only the matter of delivering no sounds? Is it interesting to those who can hear as well? This is a report by Yukari Kawahara who came up with those questions.(By Yukari KAWAHARA)

たのしきわれらが楽生院

Video preview image

日本の統治下にあった台湾でハンセン病隔離施設として建設された楽生院。ひっそりと暮らす入居者達の今を追った。
2005年度トーチプロジェクト受賞企画

企画・制作:土屋トカチ

教科書検定意見撤回を求める県民大会 9.29沖縄

Video preview image

沖縄・宜野湾市海浜公園で9月29日、子どもからお年寄りまで11万人が集まり、「集団自決」に関する教科書の記述について文科省が出した検定意見の撤回と、それにより削除された記述の回復を求める大会決議が県民の総意として採択された。

取材・撮影:ルポライター 西村仁美