TOP

子ども・教育

【賛同募集】『私たちの未来は大丈夫?~子どもが考える原発と被曝』

   ≪子どもたちによる日本初のパブリックアクセス番組!賛同者を募っています≫

なぜ避難勧奨地点にならないのか!? 〜苦悩する福島市渡利地区

Video preview image

福島市の中心部から車でわずか10分ほどの距離にある閑静な住宅街、福島市渡利地区。福島第一原発からはおよそ60キロ。北西に流れた放射線が山をわたって流れ込み3月以来、高い放射線量を計測してきた。

原発事故をテーマに子ども主役の番組〜制作&出演者を募集!

OurPlanetTV では、福島第一原子力発電所事故や被曝の問題を、一番の被害者である子どもたちはどう見ているか?ー子どもたちを主体にした特別番組を企画しています。
 
 
 

渡利の子どもの避難を求め、政府交渉

高い放射線量が測定されている福島市の渡地地区の住民30人が上京し、10月28日、渡利地区全世帯の詳細調査を再度実施することや、妊婦と子どもの避難などを求め政府と交渉を行った。
 

 

正念場!~どうなる自主避難者の補償

Video preview image

東京電力福島第一原子力発電所事故によって、政府の指定した避難区域以外の地域からも、多くの人が避難を強いられている。これまで、政府内でほとんど議論されて来なかった、この「自主的避難者」へ対する補償をどうするか、今、重要な局面にある。
 

放射能で汚染されたイラクと日本を結ぶ

Video preview image

米軍が使用した劣化ウラン弾などの影響で、多くの人が白血病となっているイラク。ムハンマド・イブラヒムさんも、妻を白血病でなくした。妻の治療をする際、日本のNGO/JIM-NETの支援を受けたイブラヒムさん。

子どもたちを放射能から守りたい~集団疎開は実現するか

Video preview image

3月11日以降、政府は避難指定地域を設定、また飯館村などの計画的避難区域などを定めて住民の避難を進めてきた。

9/1(木)23:15~ContAct 『子どもたちを放射能から守りたい~集団疎開は実現するか』