TOP

保健・医療・福祉

がんリスクめぐり激しく応酬〜健康管理のあり方会議

Video preview image

福島原発事故に伴う被曝影響について議論し、福島県内外の健康診断や医療支援策を検討している環境省の専門家会議の第4回目の会合が26日開催され、元国会事故調委員で高木学校の崎山比早子氏と鹿児島大学の秋葉澄伯教授が出席。専門的な立場から意見を述べた。
 

生活保護「水際作戦」強化を懸念~支援者が要望

Video preview image

生活保護問題に取り組む市民団体が9日、先の臨時国会で成立した「改正生活保護法」の運用に関して、厚生労働省に要請書を提出した。今後制定される政令などで、違法な水際作戦の合法化や扶養義務者の調査強化が行われないよう求めている。
 

帰還の切り札「新型線量計」とは?〜被曝量を自己管理へ

Video preview image

これまで避難指定区域だった福島県田村市の都路地区で8月1日、帰還の準備を進めるため3か月間の期間限定で住民の宿泊が始まった。7月31日までに宿泊を届け出たのは、120世帯380人の住民のうち、28世帯112人。政府は住民帰還に向け、一人ひとりに線量計を配布した。
 

「必ず誤診」 訴訟恐れ巨額保険加入 ~福島県甲状腺検査

Video preview image

これまで「精度の高い検査」と説明されてきた福島県県民健康管理調査の甲状腺検査。しかし、アワプラの入手した会議資料によると、福島県立医科大外による甲状腺検査はぎりぎりの検査体制にあり、福島医科大の幹部が「必ず誤診が起こる」と明言。

規制委・健康管理のあり方検討会〜総括案めぐり混乱

Video preview image

原子力規制員会では19日、東京電力福島第一原子力発電所事故による住民の健康管理の

福島県甲状腺検査~3人が甲状腺がん、7人悪性疑い

Video preview image

東京電力福島第一原発事故の発生当時18歳以下だった子どもを対象に実施されている福島県の甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断されたことが、13日の県民健康管理調査の検討委員会で報告された。

新型の出生前診断〜産婦人科学会がパブコメ募集


11月13日に開催された日本産科婦人科学会のシンポジウムノーカット版