TOP

保健・医療・福祉

「マーケティング」「民活」を重視〜渋谷新区長

Video preview image

同性パートナーシップ条例を発案し、注目を集めている渋谷区の長谷部健氏が、初の記者会見に臨んだ。広告代理店出身の長谷部氏が会見で繰り返した言葉は、「成り上る」と「マーケティング」。「プロデューサー」として、民間企業を最大限に活用した区政運営への意欲を示した。
 

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち2~いのちと健康を守る現場から」

Video preview image

ウクライナでは、チェルノブイリ事故から28年経った今も「チェルノブイリ法」によって、年間0.5ミリシーベルトを超える地域の住民には、今も様々な支援策が講じられている。
 

浪江町「健康白書」について聞く~子ども・被災者支援議連 

Video preview image

超党派による「子ども・被災者支援議員連盟」は19日、永田町の参議院議員会館で総会を開き、町民の健診データをまとめた「健康白書」を発表した浪江町の紺野則夫健康保険課長からヒアリングを行った。

2年前「異常なし」の8人が甲状腺がん〜福島県全体で117人

Video preview image

東京電力福島第1原発事故に伴い福島県内で実施している「県民健康調査」の検討委員会が12日、福島市で開催された。

「生涯見守り」から「疫学研究へ」〜甲状腺検査見直し提言

Video preview image

(会議終了後の長瀧重信座長会見)
 

環境省「県外は検診せずリスコミで」〜傍聴席から批判殺到

Video preview image

原発事故に伴う住民の健康調査に関して検討している専門家会議で20日、中間とりまとめ案が公表された。福島県民健康調査についての具体的な見直し案が示されなかった一方、甲状腺検査に伴う精神的な負担に配慮すべきとする文言が記載された。

福島県外の健診めぐり激論〜環境省専門家会議

Video preview image

原発事故に伴う住民の健康調査に関して検討している専門家会議が22日、開催され、福島県外での健康影響に関して初めて議論が行われた。また、環境省の事務局が提示した「論点整理」をめぐり、「放射線による影響」をどう捉えるかについても議論が白熱した。
 

原発事故による住民の健康管理のあり方に関する環境省・厚労省交渉

政府交渉

 
勉強会

原発事故による住民の健康管理のあり方に関する環境省・厚労省交渉
 

チェルノブイリ「28年目の甲状腺がん」ウクライナ報告番外編

Video preview image

チェルノブイリ事故後、ウクライナ国内において、甲状腺の診断や治療に関して指導的な立場にを果たしてきた「ウクライナ国立代謝問題研究所」。事故当時0~18歳だった子どもの治療のほとんどがここで行われてきた。昨年11月に取材した際のビデオ報告を配信する。
 

「チェルノブイリ・子どもの健康診断手引き」日本語版を公開


 
OurPlanetTVが、保健省のチェルノブイリ事故放射線防護局長よから入手した「チェルノブイリ原発事故の伴う子ども及び未成年の健康モニタリングガイド」の日本版が完成しました。