TOP

メディア・コミュニケーション

今、求められるパブリックアクセス

世界では今、民放や公共放送などの既存のメディアだけでなく、市民がテレビ局やラジオ局を持つ時代になっている。市民がテレビやラジオなど公共の電波やメディアに参加することを「パブリックアクセス」と呼ぶ。
 

今、求められるパブリックアクセス

Video preview image

世界では今、民放や公共放送などの既存のメディアだけでなく、市民がテレビ局やラジオ局を持つ時代になっている。市民がテレビやラジオなど公共の電波やメディアに参加することを「パブリックアクセス」と呼ぶ。
 

ビデオ制作のご相談

なぜ、今、ビデオなのか?

インターネットライブ中継サポート

 
 
メディアカフェではUSTREAMなどに対応したライブ中継用の機材、スタジオの貸出し、及び中継サポートを行っています。お気軽にご利用ください。
 

個人の情報が監視される!?~コンピュータ監視法を問う

Video preview image

個人のプライバシーや通信の自由を侵害する恐れのある、コンピュータ監視法。4月11日に閣議決定され、今週中にも参議院で可決成立される可能性が高い。
 

6.11脱原発100万人アクション完全中継のご案内

東日本大震災から3ヶ月目にあたる6月11日、国内外100以上の地点で「脱原発100万人アクション」が行われます。OurPlanetTVは、IWJなどと協力し、全国で行われる様々なアクションをインターネットで結び、可視化する「脱原発100万人アクション完全生中継プロジェクト」を展開します。
   

OurPlanetTVのメディアリテラシー教育

OurPlanetTVのメディアリテラシー教育
 
ワークショップ
OurPlanet-TVでは、小学高学年~高校生までの子どもたちを対象に、「メディアワークショップYouthProgram」を開催いたしました。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/841
 
海外の事例

情報公開改正の早期実現を目指し日弁連が集会

情報公開法の改正法案が4月22日に閣議決定されたのを受け、5月30日、情報公開法改正の早期実現を求めて、日本弁護士連合会主催の院内集会が開催された。
 

 

【おすすめ書籍】ネット時代のパブリック・アクセス

【おすすめ書籍】ネット時代のパブリック・アクセス

市民・住民・NPOによる“市民メディア”のパワーが世界を刻々と変えていく。地域の主体である市民誰もが発信しつながりあう、21世紀のコミュニケーションを創り出す試み。
 
書籍『ネット時代のパブリック・アクセス』
編者:金山 勉/津田 正夫
定価:1,700円(税別) 

緊急シンポジウム 「原発事故とメディア」

東日本大震災から1ヵ月を経て、なお予断を許さない状態が続く福島第一原子力発電所。