TOP

News

北茨城市検査で、小児甲状腺がん3人 

北茨城市は25日、東京電力福島第一原発事故により放出された放射性物質の健康影響について調べるために、独自に実施していた甲状腺検査で、3人が甲状腺がんと診断されたと発表した。

【アーカイブ】子ども・被災者支援議連の記者会見


 
政府が「原発事故子ども・被災者支援法」の基本方針を改定したことを受け、26日、子ども・被災者支援議員連盟が復興庁へ申し入れを行った。
 

市民ら抗議の記者会見〜支援法基本方針改定

Video preview image

政府が25日、「原発事故子ども・被災者支援法」の基本方針改定を閣議決定したことを受け、避難を続ける住民や支援団体が記者会見を開き、政府の方針は住民に寄り添っていないと厳しく非難した。
 

「新たに避難する必要はない」被災者支援方針を閣議決定

Video preview image

政府は25日の閣議で、東京電力福島第1原発事故の被災者を支援する「子ども・被災者支援法」の基本方針改定を決定した。

住民避難「被ばく前提だ」~泉田知事が田中委員長と初面会

Video preview image

全国知事会の危機管理・防災特別委員長を務める泉田裕彦新潟県知事は24日、原子力規制委員会の田中俊一委員長と初めて面会し、原発事故の際に、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用できるようにすることなどを要望した。

【アーカイブ動画】子ども・被災者支援法基本方針改定案に関する政府交渉


 
原発事故子ども・被災者支援法の基本方針についての改定案に関する政府交渉をライブ配信しました。
  
日時:8月24日(月)13:00〜14:30 復興庁交渉

「被ばくは国の責任」井戸川前双葉町長が裁判で追及

Video preview image

東京電力福島第一原発事故により、「被曝し、精神的な被害を受けた」として、双葉町の井戸川克隆前町長が国と東京電力に対し、およそ1億5000万円の損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が21日、東京地裁で開かれた。
 

「原発ゼロ」2年で幕、根強い反対の中で再稼動

Video preview image

九州電力は、11日の午前10時30分、川内原子力発電所の1号機を再稼動させた。東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原子力規制委員会が定めた新規制基準の下で原発が動いたのは初めて。国内で原発が稼動するのは1年11ヶ月ぶり。

「残業代ゼロ」法案にNO!街頭ビジョンで動画放映

Video preview image

政府・与党が秋の臨時国会での成立を目指す労働基準法改正案。この廃案を訴える「ブラック企業被害対策弁護団」が法案の問題点を指摘するビデオを作り、有楽町駅前の大型ビジョンでながすキャンペーンを始めた。

川内原発「安全性に問題」2000人が異議申し立て

Video preview image

九州電力川内原発1号機の老朽化対策を認可した原子力規制委員会に対して、7日、「原子力規制を監視する市民の会」のメンバーらが、原子力規制委員会の審査は不十分で取り消すべきだと異議申立書を提出した。川内原発は、来週にも再稼動が見込まれている。