TOP

News

伊達市住民に100ミリ超〜「宮崎・早野論文」検証で指摘


 
伊達市民の個人線量データを解析したいわゆる「宮崎・早野論文」を専門家らが検証した結果、一定程度の住民が生涯線量で100ミリシーベルトを超えることがわかった。検証結果は3月26日発売の「科学」(岩波書店)に掲載された。
 

「暴力止めて」辺野古抗議の市民ら、警察官を告訴


 
「肋骨を骨折した」
「後遺症で手足がしびれる」

原子力緊急事態宣言の対象区域「わからず」〜内閣府が回答

東京電力福島第一原子力発電所に伴う被曝問題に取り組む市民らが26日、原子力規制庁および内閣府の原子力被災者生活支援チームの担当者と面会し、年間20ミリシーベルトという避難基準について意見を交わした。