TOP

死なない子供、荒川修作

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 12/03/2010 - 08:47
Get the latest Flash Player to see this video.

奇想天外な作品を次々と世に打ち出し、大きな波紋を投げかけてきた荒川修作。1960年代に芸術家として出現し、アヴァンギャルド芸術家として活躍した彼が、2010年5月19日、ニューヨークで急逝した。
 
岐阜県にあるテーマパーク「養老天命反転地」、東京都三鷹市にある“死なないための住宅”「三鷹天命反転住宅」、岡山県にある巨大な円筒建造物「奈義の龍安寺」など、彼が手がけた作品は一見、異様で異質なものに見える。でも、四角いビルや平らな地面に囲まれている方が、実はよっぽど不自然なこと。「人間は死なない。」自論を強く語る彼の狂気的な言葉は、人間の持つ生命力や全ての生命や自然への讃頌にも聞こえる。

監督:山岡信貴(2010年/日本/80分)

公式ページ

12月18日より渋谷シアター・イメージフォーラムにてモーニング&レイトショー

『死なない子供、荒川修作』公開前夜イベント


荒川修作の幻の長編映画「Why not」が12年ぶりに解禁!12/18(土)、「人間は死なない」と断言した男と、「死なない家」に住んだ人々の希望のドキュメンタリー、山岡信貴監督「死なない子供、荒川修作」が公開されます。これを記念して17日(金)に前夜イベントを行われます。
 
【イベント概要】
完成から40年の時を経て、渋谷慶一郎によるその夜限りのインプロビゼーショ(即興演奏)が映像とシンクロし、ミニマリズムを極めたエクスペリメンタルムービーが新たな生命を得て現代に蘇る。
 
【上映作品】
『Why not (A Serenade of Eschatological Ecology)』(1969年製作/モノクロ/110分)
監督・脚本:荒川修作
ナレーション:マドリン・ギンズ
音楽:一柳 慧
主演:メラニー・ウィンドウ
 
【作品概要】
映画『Why not』は荒川修作が1969年に初めて監督した映像作品。同年ホイットニー美術館、草月アート・センターのアンダーグラウンド映画シリーズとして公開され好評を博した。映画音楽には、図形楽譜や不確定性の音楽の第一人者でもある作曲家・一柳慧が参加。「新しい日本の風景を建築し、常識を変え、日常の生活空間を創りだすために−荒川修作/マドリン・ギンズ展」で公開され、今回が12年ぶりの東京での公開となる。
 
■日 時 12月17日(金)19:00オープン / 20:00スタート
■料 金 ¥2500+ドリンク
■場 所 音楽実験室 新世界(http://shinsekai9.jp/)
■イベント詳細 http://shinsekai9.jp/2010/12/why-not/

【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
私たちは、2001年に活動を開始した日本では珍しいNPO法人による独立系メディアです。独立性を重視しているため、企業や行政からの広告などは一切受けていません。制作に関わる費用は全て、応援してくださる個人の寄付や会費によって支えられています。ぜひ応援してください。子どもたちを守るためのメディアとしての取組みを強化するキャンペーンも実施中です。