TOP

ブルー・ゴールド 狙われた水の真実

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 01/19/2010 - 01:36
Get the latest Flash Player to see this video.

私たち人間にとって、水がかけがえのないものであり、その汚染が地球的な問題になっていることは知っていた。しかし、水をめぐる利権が、国際資本や政治家も絡んで、深く広く世界を侵食しており、それが汚染ともつながっていることは、この映画を見て初めて知った。そもそも、これだけ多くの国や自治体で水道事業が民営化され、水資本が利潤をむさぼっていることは、普通の日本人には信じられないだろう。「20世紀が“石油戦争”の時代だとしたら、21世紀は“水戦争”の時代」というのはたしかだ。ノンフィクションの映画化で、内容が説明的なのはやむを得ない。ボトルの水を多用している自分の生活を見直さなければ、と思った。

監督:サム・ボッゾ(2008年/アメリカ/90分)

公式ページ

【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
私たちは、2001年に活動を開始した日本では珍しいNPO法人による独立系メディアです。独立性を重視しているため、企業や行政からの広告などは一切受けていません。制作に関わる費用は全て、応援してくださる個人の寄付や会費によって支えられています。ぜひ応援してください。子どもたちを守るためのメディアとしての取組みを強化するキャンペーンも実施中です。