TOP

福島医大「県民健康調査」国際シンポ(アーカイブ)

投稿者: ourplanet 投稿日時: 土, 02/13/2021 - 18:24




2021年2月13日に開催される福島県立医科大学主催の「県民健康調査」国際シンポジウム第一日目をライブ配信します。

国際シンポのプログラムは以下
https://fukushima-symposium.com/3rd_intl_symposium.html

オープニングセッション 10:00〜12:30
開会:総合司会:ノレット・ケネス(福島県立医科大学)】
主催者挨拶:竹之下 誠一 (福島県立医科大学理事長兼学長)
挨 拶:内堀 雅雄 (福島県知事) (予定) 来賓挨拶:横山 信一 (復興副大臣) ・堀内 詔子 (環境副大臣) (ともに予定)
国際機関挨拶 (ビデオメッセージ)
イントロダクション〜福島県「県民健康調査」10年間の成果概要
座 長:大戸 斉 (福島医大)
講演:神谷 研二 (福島医大放射線医学県民健康管理センター長)




≪第1部≫県民健康調査のいま
セッション1「妊産婦調査と子育て支援」 12:30~15:00
座長:室月 淳 (宮城県立こども病院)

県民健康調査「妊産婦に関する調査」ならびに福島県内の流産・中絶率の変化
藤森 敬也(福島医大)
福島県における妊産婦・乳幼児に対する支援体制:貝羽 敦司 (福島県子育て支援課)
(1)福島における妊娠と育児についての母親の声:後藤あや (福島医大)
(2)福島における妊娠と育児についての母親の声:石井 佳世子 (福島医大)

休憩 13:30〜13:45

福島県内の子育て経験者による講演
(1) 被災と私の子育て経験:松本 奈未 (いわき市医療センター)
(2) 被災と私の子育て経験:加藤 絵美 (㈱カトウファーム)
(3) 被災と私の子育て経験:安部 宏 (南相馬市立総合病院)
ディスカッション
座長:室月 淳 (宮城県立こども病院)/藤森 敬也 (福島県立医科大学)
登壇:セッション1発表者




セッション2「甲状腺検査の現況と展望」15:10~18:30
座長:横谷 進 (福島県立医科大学)

甲状腺検査の現状と検査3回目までの結果:志村 浩己 (福島医大)
福島県甲状腺検査の評価の現状と課題:片野田 耕太 (国立がん研究センター) 
がんの過剰診断とは:祖父江 友孝 (大阪大学)
本邦における低リスク及び高リスク甲状腺がんに対する外科治療
今井常夫 (国立病院機構東名古屋病院)
甲状腺二次検査におけるサポートの現状と課題:瀬藤 乃理子 (福島医大)

休 憩 16:50〜17:10

基調講演:チェルノブイリと福島:事故後10年の甲状腺への影響の比較
座長:鈴木 眞一 (福島県立医科大学)
講演:ジェリー・トーマス (インペリアル・カレッジ・ロンドン)*ビデオ出演

休 憩 17:50〜18:00

ディスカッション
座長:片野田 耕太 (国立がん研究センター)・ 横谷 進 (福島県立医科大学)
登壇:セッション2発表者*、鈴木 眞一 (福島県立医科大学) 


すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。