TOP

「県民健康調査」検討委員会の取材について福島県に要望書を提出

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 05/18/2020 - 12:50
 


来週5月25日に開催が予定されている福島県の第38回「県民健康調査」検討委員会について、県がメディアの直接取材を認めず、頭撮りのみに限定していることについて、以下の通り、要望書を提出いたしました。

2020年5月18日

福島県保健福祉部長
戸田光昭殿


第38回「県民健康調査」検討委員会の動画取材について


冠省
  貴県が5月25日に開催を予定している第38回「県民健康調査」検討委員会は、会議の直接取材はできず、撮影等は頭撮りのみに限定しています。三密を避けるとの理由とのことですが、頭撮りだけでは、発言者の映像をニュース配信することもできず、映像メディアの報道を大きく制約します。また本委員会は、東京電力福島第一原子力発電所に伴う住民の健康調査を検討する場として、継続的な経過把握や長期的な検証が欠かせませんが、こうしたことを可能とする映像のアーカイブ化にも支障をきたします。

「「県民健康調査」検討委員会運営要領」第3条の規定によれば、「福島県情報公開条例第7条各号に定める不開示事由に該当する情報に関し審議を行う場合」や、「公正又は円滑な議事運営に著しい支障が生じると認められる場合」を除き、「原則公開」と規定されています。

COCID-19の感染防止に配慮した開催方法に理解はいたしますが、福島医科大学や県関係者等の参加を見合わせたり、取材を1社1人に限定するなどの方法により、ソーシャルディスタンスを確保することは十分可能と考えます。今後、第2波・第3波が想定される中、緊急事態宣言が解除された福島県内で、なんら基準を設けずに一方的に取材制限をするのは大きな問題です。報道の自由を考慮した長期的な視野に基づく、合理的な対応を求めます。

なお5月25日に限って、以下のいずれかの対応をとるよう要望します。



1、 検討委員会の動画取材を可能とすること。
2、 県の撮影した動画ファイル全てをメディアに提供すること。
3、 撮影したアーカイブ動画の二次利用を認めるとともに、撮影した動画ファイルを2111年までの90年間、インターネット上から消去しないこと。
以上


特定非営利活動法人OurPlanet-TV
代表理事 OurPlanetTV 白石草


すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。