TOP

福島県・甲状腺検査を延期〜学校検査は9月以降

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 05/11/2020 - 05:29

水色=4巡目の学校検査が終了していないいわき市, ピンク=5巡目の学校検査が延期となった19市町村

 


新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福島県は7日、東京電力福島第1原発事故当時18歳以下だった子どもを対象に実施している甲状腺検査を1学期の間、見合わせると発表した。再開後も、感染症対策の必要性から検査ペースなどを見直す必要があるとして、今後、検討委委員会で方針を決める見通し。

政府の「休校要請」に伴い3月3日から中止となった学校での甲状腺検査。4巡目検査でまだ終了していなかったいわき市の一部の小学校2000人と、4月以降に5巡目の検査が開始される予定だった19市町村の小中高校に通う1万9000人の計2万1000人の検査が9月以降に延期されることとなった。県民健康調査課は「1学期は見合わせ、状況を見ながら9月以降に実施したい」とする。また公共施設等で開催している一般検査は、感染対策を講じながら順次再開したいとしている。


一般会場検診は7月以降のスケジュールが公表されている

甲状腺検査は、のどにある甲状腺に超音波をあて、甲状腺に結節病変があるかを調べる検査。のどに当てるプルーブと呼ばれる機器は検査対象者同士が共有するが、甲状腺の専門家医は「プローブを通じての感染は考えにくい」とする。一方、「三密を避ける」「マスクの着用」「手洗いうがい」といった基本的な感染予防策は必要だという。

感染症対策をしながらの検査となるため、従来のように1日数百人から1000人規模の検査をこなすのは難しい可能性もあり、今後スケジュールの見直しをや5巡目の検査が計画通りに終了しない恐れもある。このため、県では検査のあり方を検討している「県民健康調査課」検討委員会に状況を報告し、今後の対応を決めたいとしている。検討委員会は通常、5月から6月に開催されているが、今後の開催日程や開催方法などについては現在調整中だという。

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。