TOP

【新型コロナ緊急リポート】「感染追跡アプリ」を徹底検証!

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 04/23/2020 - 01:20


 


新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急リポート第4回弾。今回のデーマは、新型コロナウィルスの蔓延防止の切り札として今、世界的に導入が検討されている「携帯アプリ」。日本政府も、濃厚接触者を追跡する携帯アプリの早期導入を目指し、今月中にも実証実験を開始する予定だが、これらは一体どういうものか。有効性はあるのか。カナダのオタワ大学で監視問題を研究している社会学者で、ジャーナリストの小笠原みどりさんとつなぎ、話を伺う。

新型コロナ対策の携帯アプリ3類型
世界中のIT企業が今、開発競争にしのぎを削る「追跡アプリ」には3つの類型があると小笠原さんは指摘する。1つは、GPSによる位置情報をもとに、個人の移動経路を追跡し、感染可能性を予測することで、外出許可や自己隔離など、個人の行動を制限するタイプ。中国やイスラエルが既に導入している。


小笠原みどりさん作成 クリックすると拡大できます

2つ目は、政府が自己隔離が必要だとした感染者を監視するもので、隔離されている場所から離れると警察に通報されるタイプだ。これは台湾、ポーランドなどですでに導入されている。

3つ目は、GPSによる位置情報は使わないタイプで、個人の同意を前提としたもの。一定時間、ある距離の中に近づいた者同士の情報をブルートゥースを使って記録し合い、いずれかの感染が判明した場合に通知が送られてくる仕組みだ。すでにシンガポールが導入しているほか、イギリスやアメリカなどでも導入が検討されている。日本政府が導入を検討しているのもこのタイプだ。


シンガポールが導入している「Trace Together」のビデオ。日本も似たシステムを導入予定。

新型コロナウイルスの感染拡大という緊急事態下、新たな監視プログラムの導入が急速に広がっているが、これらをどう見るか。専門家の立場から検証する。

小笠原みどり(ジャーナリスト、社会学者)

朝日新聞記者(1994-2004)として住民基本台帳ネットワーク問題などに取り組み、2005年に米スタンフォード大学でフルブライト・ジャーナリストとしてデジタル監視を研究。2016年、米国家安全保障局による世界監視システムを告発したエドワード・スノーデンに日本人ジャーナリストとして初のインタビュー。2018年、カナダ・クイーンズ大学で社会学博士号を取得。現在、オタワ大学特別研究員。近著に『スノーデン・ファイル徹底検証』(毎日新聞出版)


関連動画
あなたも監視されている~スノーデンの暴露とは(2016年12月22日) http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2082

新型コロナウィルスの感染拡大に関わる情報提供や疑問などお気軽にお寄せください。
情報提供・お問い合わせフォームはこちら

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。