TOP

費用負担は先送り~マラソンの札幌開催

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 11/01/2019 - 05:39



国際オリンピック委員会(IOC)と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、4者協議後に合同記者会見を開いた。IOCのジョン・コーツ調整委員長は、マラソンと競歩の札幌開催にかかる経費について、「数字を見ていない。費用負担は組織委員会が考えることだ」と説明した。

札幌開催の経費はどこが負担か
IOCは、マラソンと競歩の札幌開催を決定した。しかし、組織委は札幌開催時にかかる経費の試算を公表していない。一方で、都民ファーストの会は、独自調査を実施。試算では、会場の施設整備や選手村の建設、輸送、医療などのオペレーションで合計約340億円がかかると発表している。会見では、記者から経費負担について質問が相次いだが、コーツ氏は「IOCが保障するなら、東京がマラソン開催のために支出した経費であり、札幌は分からない」と答えた。

IOCが提案「五輪セレブレーションマラソン」
また、IOCは都に対して、「五輪セレブレーションマラソン」の開催を提案。五輪後に都が整備したマラソンコースを使用するマラソンだという。開催すれば、都が今回マラソンコースの整備で使用した約300億円は、IOCの保障条件からは外れる。組織委は今後、北海道や札幌市と連携して、急ピッチでマラソンと競歩のコース案を作成し、12月に開催されるIOCの理事会での承認を目指す方針だ。

関連リンク
都民ファーストの会による札幌開催時の経費概算(PDF)
https://bit.ly/2WvSgIQ


すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。   ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。