TOP

「展示の再開を」〜「表現の不自由展」緊急シンポ

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 08/22/2019 - 21:32




愛知県で開催中の「あいちトリエンナーレ2019」の企画のひとつ「表現の不自由展・その後」の公開が中止されている問題で22日、出品作家やジャーナリストらが都内で緊急シンポジウムを開いた。参加者らは、脅迫などで展示が中止になっている事態に抗議し、展示を再開するよう求めた。

シンポジウムを主催したは、OurPlanetTVや日本ビジュアルジャーナリスト協会など6団体。「表現が暴力によって封殺される前例を放置すれば、今後同様の自体が増えていく恐れがある」とよびかけ、450人以上の市民が集まった。

第1部では、「表現の不自由展・その後」に作品を出品していた作家らが登壇。中国に置き去りにされた「慰安婦」の写真を出品していた安世鴻さんは、2012年にニコンサロンで予定されていた写真展が、開催1ヶ月前に突如、中止通告を受けた経験を紹介した上で、今回の問題について、「7年前より悪化している。民主主義の退行を感じている」と懸念。「被害を受けているのは、アーティストだけではなく、見る人の権利が侵害されている。皆さんと連帯して、表現の自由や知る権利を守っていきたい」と述べた。



第2部のパネルディスカッションでは、映画監督の森達也さんが、「10年前よりも不安と恐怖が強くなっている。」と指摘。「万が一が起きたらどうするんだという脅しに、誰も抗しきれなくなっている。それを政権やメディアが利用している」と批判した。

シンポを呼びかけた一人、ジャーナリストの綿井健陽さんは、「このまま再開できなければ、今後、日本では、慰安婦に関する展示や映画の上映は出来なくなる。日本社会の敗北でないか。なんとかして再開する知恵を皆さんと考えたい」だと訴えた。

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。   ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。