TOP

「表現の不自由展」再開を~出展者や学者らが抗議

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 08/06/2019 - 09:59


 

愛知県で開催中の「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が、中止となった問題で7日、出展者や有識者らが都内で集会を開き「日本社会が『表現の不自由な社会』であることを実証した」と批判。展示の再開を訴えた。

集会を呼びかけたのは、先月発足した市民や有識者らがメンバーの「表現の自由を市民の手に全国ネットワーク」。「表現の自由」を侵害する行政の自主規制などが続いてることから、勉強会などを開いてきた。

1日から始まった「表現の不自由展・その後」には16組の作家が参加。「慰安婦」問題や、天皇と戦争、憲法9条、原発、政権批判など、過去に公共の施設で展示不可となった作品を展示していた。展示されている慰安婦を表現した「平和の少女像」に対して、2日に河村たかし名古屋市長が「日本国民の心を踏みにじる」と撤去を要請。会場の愛知県美術館には、「ガソリン携行缶持ってお邪魔する」という脅迫のファクスが届き、安全上の理由から展示が3日間で中止された。

この日の集会には、約130人が出席。「表現の不自由展・その後」の出展者の一人である中垣克久さんは、展示が中止となったことを、実行委員会から一方的に通告されたことを批判。「作家の意見は全然聞かれていない。作家の尊厳はどこにあるのか」と訴えた。

同ネットワークの世話人代表である武蔵野美術大の志田陽子教授(憲法学)は、「公権力が表現の内容に踏み込んで、選別や取捨選択することは厳に慎むべきだという、憲法の一番重要な原則が問われている」と述べた。

同ネットワークは抗議声明を発表し、「中止された事業を「表現の自由」を求める市民の力によって再開させた「よき前例」にすることが必要です」と展示の再開を求めている。

関連サイト
あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」出展作家
https://censorship.social/artists/

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。   ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。