TOP

都内で五輪抗議アクション~東京五輪1年前

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 07/25/2019 - 05:22




東京五輪開催まであと1年となった24日、2020年大会組織委員会は東京国際フォーラムで記念セレモニーを開催し、準備が順調に進んでいることをアピールした。一方で、華やかな五輪の影で起きている環境問題や労働問題、貧困者の追い出しなどについて、市民らが抗議の声を上げた。

組織委員会は、セレモニーにIOCや自治体関係者、被災3県の小学生など約4000人を招待。安倍晋三首相や森喜朗会長、小池百合子都知事、IOCのトーマス・バッハ会長などが出席し、メダルデザインの発表や、音楽パフォーマンスなどが盛大に行われた。スピーチを行った安倍首相は、「東日本大震災から、復興を成し遂げつつある東北の姿を世界中に発信していきたい」と述べた。

「熱帯林の破壊をやめて!」環境NGO


セレモニーの会場入り口には、環境NGO「レインフォレスト・アクションネットワーク(日本代表部)」のメンバーがバナーを広げて、「ノーモア森林破壊、ノーモア人権侵害」と訴えた。五輪会場である新国立競技場や有明アリーナの木材調達で、インドネシアやマレーシアの熱帯林が破壊されているという。現地調査を行い、昨年11月に組織委員会やJSC、都に通報したが、その後、NGOへの聞き取りは一切行われていない。川上豊幸代表は「問題のある木材も利用可能とした調達基準と、それを許している通報制度を東京五輪のレガシーとすべきではない」と批判した。

「工期近づき、過労自殺など懸念」労働組合


午後5時、新国立競技場前では、建設労働者のための労働組合「東京都連合会」のメンバーら約40人が、「賃金引上げと処遇改善を!」とかかれたバナーを広げた。仕事を終えて、新国立競技場から出てくる労働者に対して声をかけて、塩飴や相談窓口の書かれたティッシュを配った。同団体の宮本書記長は、「これから工期が迫り労働環境が心配だ。過労自殺や、けがなどの労災を危惧している」と話した。

「今すぐ中止だ!東京五輪」新宿デモに230人


夜の新宿には、「NO Olympics Anywhere!」「今すぐ中止だ東京五輪!」という怒号が響いた。呼びかけたのは、2年前から五輪を返上するための勉強会やデモなどを行ってきた「オリンピック災害 おことわり連絡会」。ロサンゼルスやリオ、韓国などの反五輪グループが参加し、約230人がデモ行進を行った。

関連リンク
Rainforest Action Network日本代表部
http://japan.ran.org/
Rainforest Action Networkの声明
「ノーモア森林破壊、ノーモア人権侵害」〜東京五輪開幕まで1年〜
http://japan.ran.org/?p=1479

東京都連合会
http://www.zenkentoren.jp/?page_id=6

「オリンピック災害」おことわり連絡会
http://www.2020okotowa.link/

反五輪の会
https://hangorin.tumblr.com/

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。   ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。