TOP

被曝データ不正提供で初のヒヤリング〜宮崎早野論文問題

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 05/08/2019 - 02:44


 
伊達市住民の被曝データを本人の同意なく論文に使っていた「宮崎早野論文問題」。データ提供の経緯を検証している市の調査委員会が7日開かれ、データ提供に関与したとみられる半澤隆広元直轄理事のヒヤリングが実施された。4回目となる同委員会で、関係者のヒヤリングは初めて。
 
市の調査委員会では、(1)行政事務手続きの問題、(2)個人情報保護条例の観点、(3)伊達市の情報提供の方法と福島県立医科大学の研究計画ついての3つ観点から、検証を進めている。しかし、全容を解明するためには、市が保有する文書だけでは検証は困難だとして、関係者のヒヤリングに踏み切った格好だ。
 
ヒヤリングに招致された半澤元直轄理事は、福島原発事故後、放射能対策担当者としていちはやく除染に取り組み成果をあげたとして、環境省や原子力委員会などに招聘されてきた人物。過去の議会答弁などから、データ提供の経緯を最も知る立場にあったとされるが、1時間半にわたるヒヤリングで十分な進展はなかったみられる。
 
半澤氏はヒヤリング終了後、「私はすでに一民間人。4年も前のことなんて覚えていない。ガラスバッチ については担当者でもなく、なぜヒヤリングに呼ばれるか分からない」などと述べた。また調査委員会の委員長を務める駒田晋一弁護士も「少なくとも本日で、当委員会が持っている疑問等を解決することはできなかった」と答え、次回も再び、別の関係者をヒヤリングする意向を示した。次回の委員会は、5月下旬か6月上旬に開催される。
 
半澤氏が、早野龍五氏にGIS化を依頼したと答弁した2017年9月議会(伊達市議会公式映像)
 
半澤氏は、2017年の9月議会で、伊達市には(住所情報と線量を地図に落とし込む)GIS化の技術がないため、早野氏に口頭で依頼したなどと答弁。「早野先生にはGIS化する前の生データを渡したのか」との質問に対し、「住所は別に公になっていて(中略)、各住所そのものを全部GIS化と聞いている」と回答するなど、データ提供に関して答弁を担当していた。
 
関連記事 
伊達市住民に100ミリ超〜「宮崎・早野論文」検証で指摘(2019年3月27日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2385
黒川氏が解説「宮崎早野論文問題」~伊達市議員勉強会(2019年2月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2371
千代田テクノルのデータを研究に使用認める〜宮崎・早野論文(2019年2月8日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2363
被曝データ提供問題で調査委が初会合〜宮崎・早野論文(2019年2月4日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2364
研究依頼文書に事実と異なる記述〜宮崎・早野論文問題(2019年1月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2361
1年半前「同意のみ使用」確認〜宮崎・早野論文問題(2019年1月19日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2359
「研究申請前に解析結果を公表〜伊達市の被ばくデータ」(2018年12月10日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2337
「個人線量データの不正提供か〜福島県伊達市」(2018年12月6日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2335
 
線量基準関連の記事
毎時0.23マイクロシーベルトは「数字の一人歩き」〜放射線審議会(2019年1月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2362
線量論文の誤り「遺憾だが影響ない」〜原子力規制委員長(2019年1月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2356
個人線量計で被ばく管理〜帰還困難区域の帰還に向け(2018年12)
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。