TOP

ヨウ素剤の事前配布見直しへ~原子力規制委

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 12/13/2018 - 00:54


 
原子力規制委員会は13日、安定ヨウ素剤の配布方法などを見直す「安定ヨウ素剤の服用等に関する検討チーム」の第1回会合を開いた。検討チームの座長には、放射線医学総合研究所の明石真言執行役が就任。全住民への事前配布から、子どもや妊婦を優先するなどの方針を決めた。
 
今回の見直しは、東京電力福島第一原発事故を受けて、世界保健機関(WHO)が昨年、ガイドラインを出したことを受けて行われた。会議ではこれを元に委員らが議論。配布の優先を被ばくの影響の大きい子どもや若者、妊婦にすることなどを決めた。
 
また、服用の効果的なタイミングについて、放射性ヨウ素が体内に入る24時間前から2時間後とするWHOの指針も取り入れる。日本医師会の石川広理事は、「原発事故で放出される放射性プルームの情報など、政府は国民に対して情報を開示することが重要だ」と指摘した。
 
現在、安定ヨウ素剤の事前配布は、13道県16原発の半径5キロ圏の全住民が対象となっている。自治体が配布を行うが、報道では約4割が未配布であるといわれている。検討チームは、次回の会議で配布方法についての議論を行い、年度内に改定案を取りまとめる予定だ。

安定ヨウ素剤の服用等に関する検討チーム
座長
明石 真言 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
放射線医学総合研究所 執行役
 
委員
荒田 尚子 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター、周産期・母性診療センター 母性内科 診療部長
石川 広己 公益社団法人 日本医師会 常任理事
高村 昇 国立大学法人 長崎大学 原爆後障害医療研究所
国際保健医療福祉学研究分野 教授
永田 泰造 公益社団法人 日本薬剤師会 常務理事
山口 芳裕 一般社団法人 日本救急医学会 原子力災害対応特別委員会 委員長、杏林大学 医学部 高度救命救急センター 教授
横谷 進 公立大学法人 福島県立医科大学、ふくしま国際医療科学センター 特命教授、甲状腺・内分泌センター長
横山 邦彦 公立松任石川中央病院 副院長、PET センター長

配布資料
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/anteiyousozai/2100...
  



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。