TOP

「反五輪トーチ」日本に到着〜環境破壊など問題視

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 11/22/2018 - 01:27


 
平昌五輪を開催した韓国から「反五輪トーチ」がやってきた。東京五輪のメインスタジアム新国立競技場前で21日、日本の市民グループに引き渡された。
 
「反五輪トーチ」は2010年、冬季五輪開催に反対するバンクーバー市民が、環境破壊や貧困層の追い出しなどに反対する中で発案。以来、2014年のソチ、2016年のリオ、2018年の平昌と、五輪に反対する市民の間で受け継がれてきた。トーチに見立てたのは、トイレが詰まった時に使うラバーカップ(スッポン)。柄には、五輪開催国の言葉で、「オリンピック反対」「貧困なくせ」と書かれたリボンが結ばれている。
 
この日は、建設の進む新国立競技城前で、トーチを引き渡すセレモニーが開かれ、路上で「反五輪」と揮毫するパフォーマンスも行われた。トーチを手渡したのは、平昌五輪に反対してきた市民団体「平昌オリンピック反対連帯」のパク・ユンソンさん。パクさんは、平昌五輪の会場建設に伴い、原生林の樹木40万本が切りたいされたことに抗議の声をあげてきた。「五輪開催で引き起こされる多くの問題に対して行動して欲しい」とエールを送る。
 
一方、トーチを受け取ったのは、東京五輪に反対する市民グループ「『2020オリンピック災害』おことわり連絡会」のメンバーら。メンバーの一人、宮崎俊郎さんは、「今回は、福島県が聖火リレーの出発点で、全国の都道府県を回ることになっている。「五輪はいらない」と思っている人たちは、東京だけではなく全国津々浦々にいるはずなので、この反トーチをつないで、2020年に向けて反対の輪を広げていきたい。」と抱負を語った。
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。