TOP

【辺野古は今】埋め立てめぐり県と国が攻防

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 08/09/2018 - 14:30

上空から見た辺野古の海(2018年8月4日)(C)沖縄ドローンプロジェクト
 
青く透き通った海に、透けて見える美しいサンゴ礁ー。
絶滅危惧種ジュゴンが現れた辺野古の海は、土砂に埋まるのか。 
国が埋め立て工事のための土砂投入を目指していた17日を目前に控え、国と県の攻防は正念場となっている。
 
沖縄県は9日午後、埋め立て工事承認の撤回に向け、工事主体の防衛省沖縄防衛局から弁明を聞く聴聞を実施。2時間半ほどで聴聞を終えた。
 
聴聞は撤回をするための行政手続きの一つで、聴聞を終えたことで、埋め立て承認の撤回が可能となる。県は聴聞内容を精査した後、職務代理者である副知事が聴聞内容を精査し判断する。8日に死亡した翁長知事は工事撤回の意向を表明しており、県がいつどのような判断を下すのかが注目されている。
 
国は先月12日に、辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部の約6万5000平方メートルに土砂を投入すると県に通知。国が埋め立て区域に土砂を投入するのは初めてとなる。OurPlanetTVは先週4日の辺野古の空撮映像を入手。辺野古の美しいブルーの海に、新基地建設に向けた護岸工事の様子、そしてカヌーに乗り込んだ抗議する市民の姿が見える。
 
新基地建設に反対する市民らは、6日から2週間にわたり集中行動を呼びかけており、連日200人以上が米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んでいる。11日には「辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議」が那覇市で県民大会を開く予定で、翁長知事のメッセージも読み上げられる予定だ。
 
関連リンク
森の映画社
http://america-banzai.blogspot.com/
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。