TOP

五輪で初の顔認証システム導入~30万人が対象

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 08/07/2018 - 06:39


 
東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会は7日、都内で記者会見を開き、大会関係者の会場入場時に日本電気株式会社(NEC)の顔認証システムを導入すると発表した。五輪で顔認証システムを使用するのは初めてとなる。
 
発表された顔認証システムの対象となるのは、選手やボランティア、報道関係者など約30万人。システムは、全ての競技会場や、選手村、メディアセンターの入り口などに設置される。本人確認の時間を短縮することや、なりすまし入場を防止することなどが目的だ。
 
システムの仕組みは、名前や顔写真などを登録したIDカードを事前に作成し配布。関係者が会場入り口の読み取り機にIDカードをかざすと、読み取り機のカメラが顔を読み取り、本人かどうかを2重で認証する。顔の確認は、目視よりも2.5倍早く処理できるという。
 
組織委員会の岩下剛 警備局長は、顔認証システムの導入理由について、東京五輪の会場が分散していることや、暑さ対策でセキュリティに負担がかかっていると説明した。30万人という膨大な個人情報のデータを扱うことについては、「個人情報保護法の観点から対応していきたい」と述べた。NECの菅沼正明 執行役員は、「生体認証や解析などの最先端テクノロジーを活用し、さりげなく見守りたい」と話した。
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。