TOP

「長期収容止めろ」東京入管前で抗議

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 05/02/2018 - 13:19


 
「自殺に追い込むな。命を守れ」
「長期収容止めろ」
東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されていたインド人男性が自殺し、収容者が長期収容に抗議するハンガーストライキを行ったことを受けて、2日、東京入国管理局(東京都港区)前には市民が集まり抗議行動を行った。
 
抗議は日本の人権問題に危機感を抱いた数人がツイッターを使って呼びかけた。約70人が集まり、「入局管理局は人権を守れ」と声を上げて、長期収容の中止と医療体制整備などを求めた。
 
インド人男性の自殺を受けて、4月15日から始まった収容者の集団ハンガーストライキは、一時約140人が参加するなど大規模なものになったが、東日本入国管理センターが、施設内に献花台を設置し、食事を取るように説得。ハンガーストライキは22日に終わった。献花台は1週間設置されて撤去されたという。
 
しかし23日には、一部メディアが入管の医療体制の問題を報道。昨年6月に、東京入国管理局に収容されていたトルコ人が虫垂炎の手術後、患部の痛みを訴えていたにも関わらず約1ヶ月放置され、診療に関する手続き文書が改ざんされたとした疑惑を報道した。OurPlanetTVの取材に対して、東京入国管理局は、「虚偽記載はなかった。報道の一部は事実ではないが、個別事案については話せない」と回答した。
 
抗議を呼びかけた一人である高橋さん(30代)は、「長期収容で医療体制も悪い。拷問だ」と東京入国管理局を批判。長期収容をやめるように求める署名をネットで集めていて、現在約6000筆が集まっている。署名は、法務省と東日本入国管理センターに提出する予定だ。
 
関連記事
牛久入管で収容者が集団ハンスト、長期収容に抗議(2018年4月18日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2241
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。