TOP

誠実な対応求め、原発訴訟原告が東電に申し入れ

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 03/28/2018 - 00:01
 


  東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、国と東京電力を訴えた裁判が、全国20以上の地域で争われている。昨年3月の群馬地裁を皮切りに、これまでに7つの裁判所で判決が言い渡され、そのうち4つの裁判所が国の法的責任を認め、また多くの裁判所が、現在、国が示している賠償枠組みや金額が不十分であると認めている。
 
こうした状況を受け、原発被害者訴訟の原告や弁護団は27日、国会内で集会を開催。その後、謝罪や賠償などを求めた統一要求書を手に、経済産業省と東京電力に申し入れを行った。
 
東京電力は、原子力・立地本部立地地域部の石田守也原子力センターを筆頭に、原子力補償相談室などの担当者が対応。しかし会議の進め方や、裁判の原告にADR(原子力紛争解決センター)の和解金が支払われていない問題などをめぐり、弁護団や原告からは「誠意がない」「なぜ加害者が相当因果を決めるのか」「原発事故がなければ避難しなかった。相当因果関係がある」など、厳しい言葉が相次いだ。
 
経済産業省は要求書の受け取りを拒否。面会にも応じなかった。

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。