TOP

世界難民の日「外国人の人権守れ」法務省に申し入れ

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 06/20/2017 - 11:05
Get the latest Flash Player to see this video.

国連が「世界難民の日」と定めている6月20日、外国人を支援している市民団体が、法務省入国管理局に対して要望書を提出し、外国人収容施設における人権侵害をやめるよう申し入れをした。
 
要望書を提出したのは、日本の入国管理制度下での人権問題に取組む市民団体「SYI(収容者友人有志一同)」。茨城県牛久市にある東日本入国管理センターで今年3月、収容中のベトナム人の男性が死亡したことを受けたもので、男性が死亡に至った経緯に関する調査などを求めた。
 
牛久の収容所で、医療受けられず男性死亡
SYIによると、男性はインドシナ難民として28年前に来日。昨年11月に名古屋入国管理局に収容された後、3月初旬に東京品川区にある東京入国管理局を経て、3月15日に牛久市にある東日本入国管理センターに移された。2日後の17日夜、男性は口から泡を吹き、血を吐いて失禁していたが、1日だけ医務室に滞在しただけで、病院には連れていかれなかったという。
 
男性は24日朝、再び痛みを訴えたが、職員は対応せず、同日夜に男性が倒れているのを発見され、翌25日深夜に死亡した。死因はくも膜下出血だった。東日本入国管理センターは、「処遇に問題はなかった」とコメントを出している。
 
「こんな場所で死にたくない」「助けてください」
男性の死亡を受け、東日本の入国管理施設では、収容されている外国人による、ハンガーストライキなどもおきており、収容者の支援者のもとには、「(男性は)1週間前から痛がっていたけど、職員が対応しなかった」「こんな場所で死にたくない」「助けてください」などと訴える悲痛な手紙が届いるという。
 
SYIの織田朝日さんは、「入管の職員は、収容者が体の不調を訴えても、うるさいからと独房に連れて行ってしまう」と収容施設の医療環境を批判。当時の責任者である東日本入国管理センター所長の解雇とともに、収容されている外国人に対する処遇を改善も求めている。
 
難民認定1万人に28人だけ〜日本の難民政策
シリア情勢等を受け、ここ数年、欧米では、難民の受け入れが大きな社会問題となっているが、日本の入国管理制度は先進国の中でも非常に特殊で、難民の受け入れに極めて消極的だ。昨年1年間で、日本で難民認定を申請した外国人は1万901人にのぼるが、認定されたのはわずか28人にとどまる。織田さんは、「日本は難民として逃れてきている外国人を収容してしまう。しかも、収容所の状況があまりにひどい。」と日本の入管政策を批判した。
 
関連映像
難民申請者らがデモ~スリランカ人などが参加(2011年10月5日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1245
「世界難民の日」に牛久と渋谷で抗議アクション(2010年6月20日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/554
難民キャンプは遠くない(2007年7月10日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/188
 
関連サイト
収容者6人からの手紙
http://pinkydra.exblog.jp/25673754/
SYI (収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp/
 
 【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。