TOP

「県民健康調査」の透明性を求め、福島県に要望書を提出しました

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 05/30/2017 - 02:05

来る6月5日に開催される福島「県民健康調査」検討委員会をめぐり、スムーズな中継のための回線工事の許可と甲状腺検査・治療に対する説明責任を求めて、福島県に以下の要望書を送付いたしました。

                               2017年5月29日
福島県保健福祉部長
井出孝利殿
                           
冠省 

貴県が主催している「県民健康調査」検討委員会に関し、以下を要望いたします。
 
1、 インターネット回線工事を許可してください。
次回6月5日の「県民健康調査」はコラッセふくしまにて開催されます。同会館の多目的ホールは無線電波が極めて微弱なため、過去の県民健康調査においては、県の許諾のもと、臨時光回線の工事を施行し、ライブ配信を実施してきました。今回も、一旦は同対応を了承いただきましたが、午後になって急に対応を変え、工事を禁じるとの連絡がありました。「県民健康調査」は、国及び東電から1000億円もの予算を拠出して実施している事業であり、同事業をレビューする検討委員会は、国内外から高い関心が寄せられています。従来通り、臨時工事を許可いただくようお願い致します。
 
2、 山下俊一副学長の委員会および記者会見への出席を求めます。
 福島県立医大の山下俊一副学長は、現在、実施されている「甲状腺検査」の調査を主導した責任者であり、現在も調査の主要メンバーです。その一方、昨年12月、内堀知事に面会し、検査の縮小を提言しました。現在の状況を説明いただきたく、山下副学長の検討委員会への出席を求めます。
 
3、 鈴木眞一教授の委員会及び記者会見への出席を求めます。
 鈴木眞一教授が、検討委員会に出席しなくなって以来、治療現場で一体何が起きているか、全く分からなくなりました。「経過観察」となった患者が甲状腺がんとなったケースも公開データに含まれていないことも明らかとなり、臨床現場の状況について説明が求められています。大津留教授の説明では不十分です。鈴木眞一教授の検討委員会への出席を求めます。
 
4、十分な記者会見時間の確保を求めます。
 検討委員会後の記者会見は、様々な専門家が記者に答える大変貴重な場となっています。しかし、徐々に、記者の質問に関する制約が強まっています。記者の全ての質問に回答できるよう、十分な会見時間の確保を求めます。                      
                                 草々    
 
                        特定非営利活動法人OurPlane-TV
                        代表理事 白石草

  
第 27 回「県民健康調査」検討委員会及び第7回甲状腺検査評価部会
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/218205.pdf
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。