TOP

今村復興相、「自己責任」発言を撤回するも、辞任否定

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 04/06/2017 - 12:42
Get the latest Flash Player to see this video.


記者会見ノーカット版(21分)
 
今村雅弘復興大臣は7日午前の閣議後会見で、原発事故の自主避難者について「自己責任」だとした発言について撤回した。一方、職責を全うするとして、辞職については改めて否定した。
 
今村大臣が公式に会見をするのは4日以来。大臣の真意を尋ねようと、復興庁の会見室は、多数のメディアで溢れた。今村大臣は会見場に入るとまず、「4日の会見で感情的になってしまったことをお詫びします」とて陳謝し、引き続き、誠心誠意職責を全うしたいと謝罪した。
 
これに対し、記者からは、「自主避難者」に対して「個人の責任」と発言したことへの質問が殺到。今村大臣は、「意図するところと誤った伝わり方がしたことを大変、反省している」と述べ、発言を撤回した。しかし、「裁判でも何でもやればいいじゃないか」との発言については、「一般論として物事の折り合いがつかないときに(裁判を)やるんでしょう」と回答。撤回はしない考えを示した。
 
また、「自主避難者」への支援策を改めて検討しないのかとの質問に対しては、自主避難者が帰還できない理由を把握してから、政策を決めたいなどと述べた。会見では多くの記者が質問を求めたが、復興庁広報室は20分で打ち切った。
 
関連動画、記事
自主避難は「自己責任」~復興大臣明言
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2113
今月末で住宅支援打ち切り、原発避難者「被害者の切り捨てだ」(2017年3月29日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2110
復興大臣「福島県へ帰還を」~「故郷を捨てるのは簡単」の真意(2017年3月14日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2106
支援打ち切り「困窮強いられる」原発被害者3団体が会見(2017年3月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2105
原発避難者ら「路頭に迷う」~住宅支援の継続要望(2016年11月8日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2070
「避難指示」解除区域も住宅支援打ち切りへ〜2018年春(2016年1月20日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2019
「住宅支援の継続を」福島県庁前で避難者がハンスト(2015年6月11日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1926
「住宅支援なければ生活困窮」全国の自主避難者ら訴え(2015年6月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1925
「打ち切らないで」住宅支援の延長もとめ署名提出(2015年5月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1920
原発避難者「路頭に迷う」~住宅支援継続求め署名4万提出(2015年5月13日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1912
住宅支援と健康調査の政府交渉~子ども被災者支援法(2014年10月8日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1838
原発避難者〜長期的な住宅支援を求め国に要望(2014年6月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1794
住宅支援の継続も求め〜原発避難者が都に要望(2014年3月19日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1747
「住宅支援打切り」復興庁主導か〜自主避難者をめぐり文書入手(2013年9月13日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1645
福島県外への避難に壁~年末で住宅支援打ち切り(2012年12月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1505
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。