TOP

事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 06/06/2016 - 13:00

東京電力福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」の検討委員会が6日、開催され、事故当時5歳だった子どもにも甲状腺がんが見つかったことが分かった。検討委員会では3月末に発表した「中間とりまとめ」において、「事故当時5歳以下からの発見がないこと」などを理由に、「放射線の影響とは考えにくい」と評価していた。1巡目と2巡目の健診をあわせて、悪性・悪性疑いと診断された子どもは、前回より6人増え、172人となった。 
 
「甲状腺検査」についての議論

 
本格検査(2巡目)結果~2014年~2015年
福島県立医大の大津留晶教授はまず、2014年から2015年に実施された本格検査(2巡目)の結果を報告した。それによると、2次検査で穿刺細胞診を行い、悪性または悪性疑いと診断された子どもは前回より6人増えて57人となった。
 

資料
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/167943.pdf
 
57人の先行検査結果は、A1が28人(49.1%)、A2が25人(43.8%)、B判定は4人(0.7%)だった。A2判定だった子どもうち、結節があった子どもは17人、なかった子どもが18人だった。平均腫瘍径は10.4ミリで、最大は35.6ミリ。この2年間で腫瘍が急成長した可能性がある。
 
また年齢は最年少が 事故当時5才となり、事故当時5歳以下の子どもが初めて甲状腺がんと診断された。チェルノブイリでは、5歳以下の子どもが多数甲状腺がんとなったことから、検討委員会はこれまで「被曝の影響とは考えにくい」との見解を示してきた。一方、事故当時5歳以下の子どもに甲状腺がんが多発したのは、事故5年以上経ってからと指摘する研究者もおり、今後、この世代で甲状腺がんが多発するかどうかが、ひとつの焦点となる。
 

(検討委員会の資料より)
 
男女比は男性25人に対して女性は32人と約3:4の比率となっている。甲状腺がん専門医である清水一雄委員が、「通常の乳頭がんは男女1:7。男性の比率が多いことについて検討しているのか」と質問。これについて大津留氏は、集計の問題であるなどと回答した。
 
本格検査で摘出手術を受けたのは14人増えて30人となり、全員が乳頭がんと診断された。
 

岡山大学大学院の津田敏秀教授の分析
2巡目は、1巡目からの期間をもとに、福島第一原発の「直近地域」は⒉5年、その他の地域は2年との平均有病期間をあてはめて外部比較を行った。まだ2次検査が終わっていない地域があるため、数字は今後変わる可能性があるが、現在のところ、福島第一原発の「直近地域」が39倍の多発。「郡山市」が35倍、二本松などの「中通り中地区」が25倍と続いている。」



 
先行検査(1巡目)結果~2011年~2013年
次いで、2011年から2013年まで実施された先行検査(1巡目)の確定結果が公表された。前回の口頭発表と変わらず、穿刺細胞診で、悪性または悪性疑いと診断された子どもは116人と報告された。
 

資料
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/167944.pdf
 
平均年齢は震災当時14.9才で、最年少は震災当時6才。男女比は男性39人に対して、女性が77人と約1:2の比率だった。また平均腫瘍径は13.9ミリで、最大は45.0ミリだった。
 
これまでに102人が手術を受けており、手術後の組織診断によって、乳頭がんが100人、低分化がんが1人、残る1人は良性結節と確定した。これまで低分化がんは3人公表されてきたが、昨年11月に甲状腺がん取り扱い規約が改定されたことに伴う変更という。
 
1巡目と2巡目の健診をあわせて、悪性・悪性疑いと診断された子どもは、前回より6人増え、172人となった。 
 

 

岡山大学大学院の津田敏秀教授の分析
1巡目については平均有病期間を4年にあてはめ、外部比較をしたところ、二本松など「中通り中地区」が約50倍の多発。白河など「中通り南地区」と「いわき市」が約40倍。「郡山市」が38倍、「23年度地区(おもに避難区域)」と「会津地方」が約30倍と続く。




 
記者会見(55分)

全体の資料
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/kenkocyosa-kentoiinkai-23.ht...
 

 
関連記事、動画
甲状腺がん悪性・悪性疑い166人〜福島県調査(2016年2月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2028
甲状腺がん「信頼性高いリスクの推定を」〜国際環境疫学会が忠告(2016年2月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2026
甲状腺がん悪性・悪性疑い152人〜福島県民健康調査(2015年11月30日
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2004
甲状腺がん「チェルノブイリの多発傾向と酷似」〜疫学専門家(2015年10月8日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1989
福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」〜医学誌に論文(2015年10月7日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1984
甲状腺がんの「被ばく影響研究」メンバーに祖父江氏(2015年9月29日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1983
福島県の甲状腺検査「新秘密会」?〜山下俊一氏が座長(2015年9月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1974
甲状腺がん疑い含め137人へ、2巡目は25人〜福島健康調査(2015年8月31日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1969
北茨城市検査で、小児甲状腺がん3人(2015年8月27日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1968
福島の小児甲状腺がん疑い例含め126人に〜鈴木眞一氏は退任(2015年5月18日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1915
2年前「異常なし」の8人が甲状腺がん〜福島県全体で117人(2015年2月12日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1887
「甲状腺がん手術に医療支援を」提言へ~福島・評価部会(2015年2月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1884
甲状腺がん悪性・疑い112人~前回「異常なし」の子も4人(2014年12月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1868
福島県民健康調査「第3回甲状腺検査評価部会」(2014年11月10日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1853
甲状腺がんの子103人〜福島で10万人に30人(2014年8月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1821
リンパ節転移が多数~福島県の甲状腺がん (2014年6月10日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1793
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査(2014年5月16日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1778
「甲状腺検査は過剰診療か」がん増加で激論〜福島・評価部会(2014年3月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1735
福島の甲状腺がん「放射線影響ではない」〜国際会議(2014年2月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1732
「甲状腺がん、放射線の影響か」国際会議で議論はじまる(2014年2月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1731
甲状腺がん悪性・悪性疑い74人〜福島健康調査(2014年2月5日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1727
「100ミリ以下はがん増えない」誤り〜専門家会議で一致(2013年12月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1706
福島健康調査・第1回甲状腺検査評価部会(2013年11月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1686
福島県検査で甲状腺がん58人~最年少は8歳(2013年11月12日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1674
甲状腺がんデータに大幅ミス〜福島県民健康調査(2013年8月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1633
甲状腺がん悪性、悪性疑い43人〜福島県民健康管理調査(2013年8月20日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630
福島県甲状腺検査~3人が甲状腺がん、7人悪性疑い(2013年2月13日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1532
甲状腺の検査改善求め~市民が県立医大に要望(2012年9月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1441
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。






【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。