TOP

「国会記者会館裁判」敗訴を受けて〜代表理事コメント

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 03/30/2016 - 02:13

OurPlanetTVが国と国会記者会を訴えていた「国会記者会館屋上裁判」について、最高裁判所は3月24日、OurPlanetTVの上告を棄却する判決を下しました。この判決により、OurPlanetTVの敗訴が確定しました。
 
最高裁の判断は、国と国会記者会の主張に矛盾があることを認識しながらも、上告理由には当らないとするもので、報道の自由について踏み込んだ憲法判断を行いませんでした。大変残念な内容と言わざるを得ません。
 
しかし、今回の裁判を通して国会記者会館をめぐる様々な課題が次々と明らかとなり、また東京地裁の判決では、記者クラブに加盟していないフリーランスやネットメディアに対して使用ルールを決める必要があると言及しました。提訴した時点では、訴える先さえ分からなかった「伏魔殿」である国会記者会館の歪みを社会化できたことは、この裁判の大きな意義だったと思います。OurPlanetTVとしては、引き続き、衆議院と国会記者会の間で適切なルール作りが行われるよう注視し、国会記者会館が開かれた場となるよう働きかけを続けていく所存です。
 
いま、日本のメディアは大変厳しい局面に立たされています。国会記者会館を拠点にしている政治部の記者らが政府の要人を食事を重ねる一方、テレビニュースの顔であった有名なキャスターが次々と降板。総務大臣が放送免許の剥奪や停波にまで言及しています。
 
大手のマスメディアでさえ、権力による圧力や選別により右往左往する中で、規模の小さな新参者であるネットメディアが、その既得権益の一角を崩すことは大変困難な時代に入ったことを痛感しています。しかしOurPlanetTVとしては、今回の敗訴や困難をバネとして、これからも言論の自由やコミュニケーションの権利の拡大に努めていく所存です。
 
支援をいただいた皆様には大変残念なご報告となりましたが、引き続き、OurPlaneTVをご支援いただけますよう何とぞよろしくお願いいたします。
 
                              2016年3月30日
                           安保法制が施行された翌日に
 
                              OurPlanetTV代表理事 
                                     白石草

裁判の経過と裁判資料はこちら
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1906
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。