TOP

いのち・食・家族をつなぐ~ある精肉店のはなし

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 11/29/2013 - 00:51
Get the latest Flash Player to see this video.

1頭の牛が屠場に向けて、住宅街の中を次男に引かれて闊歩する。長男がハンマーで牛の眉間をノッキングし、家族は包丁で、息の合った作業で、牛を見事に解体していく―。ドキュメンタリー映画「ある精肉店のはなし」は、理屈ではなく実感として、「いのちと向き合うこと」そして「いのちをいただくこと」を冒頭シーンで映し出す。
 
江戸時代から7代に渡り屠畜を生業にしてきた、大阪府・貝塚市にある北出精肉店。「ある精肉店のはなし」はその精肉店を舞台に、いのちと食、そして家族を見つめる。監督は、前作「祝の島」(ほおりのしま)で、原発予定地の目の前にある小さな島、山口県上関町の祝島での人々の営みを丁寧にとらえ、話題を呼んだ、纐纈あやさん。
 
社会の表に出てくることのなかった屠畜の現場、屠畜に携わる人々の暮らしを生き生きと描く、作品に込めた思いを纐纈あや監督に伺った。
 
ゲスト:纐纈あや(映画監督)
聞き手:高木祥衣(OurPlanet-TV)
 
映画「ある精肉店のはなし」
http://www.seinikuten-eiga.com/
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。