TOP

ニュース

【情報】QRコード付き情報リンク集

ITで市民活動をサポートしている「HYOGONテック」のメンバーが、東北・太平洋大地震に関する防災情報を入手できるQRコード付きの情報リンク集を作成した。携帯などが唯一のライフラインになる中、アドレスを打ち込む手間を省くことができる。
 

【地震】宮崎の野菜を東北へ「野菜サポーター」開始

霧島連山・新燃岳噴火の災害支援被災地を行って来たNGO恊働センター(本部:兵庫県)が、支援先である宮崎の野菜を東北に送る支援を開始した。炊き出しと野菜買い付けのための寄付を募集している。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【情報】ボランティア情報は電話ではなくホームページで確認を

明日以降、ボランティアの受け入れ態勢を整える「災害ボランティア活動支援プロジェクト会議」では、ボランティアの情報はホームページで確認して欲しいとしている。
 

【地震】新しい公共をつくる市民キャビネットが活動開始

東北太平洋沖地震災害について、新しい公共をつくる市民キャビネット災害支援部会が、全国のNPOとともに活動を開始した。

【寄付】寄付サイトGIve Oneが募金開始

オンライン寄付サイトGive Oneが、東北地方太平洋沖地震被災者支援の緊急募金を開始した。寄付は、ジャパン・プラットフォームやジェンなど5つのNGOの緊急支援活動に充てられる。
http://www.giveone.net/cp/pg/TopPage.aspx

【声明】たんぽぽ舎が原発情報に声明

原子力発電所問題に取り組む団体「たんぽぽ舎」が12日11時42分、東京電力に対して、事業者責任としてリアルタイムに情報公開するよう求める声明を発表した。午後1時から2時までの間、東京電力本社へ私たちの質問・要望、市民の声を届ける。

【情報】FMわぃわぃが多言語情報配信

阪神淡路大震災を契機に誕生した神戸のコミュニティ放送局「FMわぃわぃ」が、東北や関東地方で被災した在日外国人が正確な情報を得られるよう、地震の発生した11日より、多言語による地震・津波情報を放送開始した。

【大地震】災害ボランティア活動支援プロジェクト会議が情報収集

「災害ボランティア活動支援プロジェクト会議」は12日、ボランティアに関わる情報収集を開始した。同団体では、現在、交通機関や道路の復旧状況を見ながら、先遣隊の派遣のタイミングなどを検討しているが、災害ボランティアの出番はまだ先になると見ている。
 

子ども手当継続を求め、緊急会見

 貧困問題などに取り組む有志が3日、3月末に期限が切れる子ども手当の継続を求め記者会見を行った。