TOP

自然・環境・公害・原発

環境省、指定廃棄物の処分場候補地の冠水を確認

Video preview image

環境省は14日、栃木県の指定廃棄物の最終処分場候補地について、先月の関東・東北豪雨による影響の調査を行った。調査は、塩谷町から候補地に冠水の被害があると報告を受けて実施したもの。この日の調査では、環境省から依頼された専門家が冠水の跡を確認。

「絶対止める」~安保法案の抗議連日続く

Video preview image

政府・与党が今週中にも安全保障関連法案の成立を図ろうとする中、14日夜、国会議事堂前では、法案に反対する大規模な集会が行われ、約4万5000人(主催者発表)が集まり、「強行採決、絶対反対!」「安倍はやめろ!」と叫んだ。
 

「東電テレビ会議 49時間の記録」英語版キャンペーン・カンパ募集!

「東電テレビ会議 49時間の記録」英語化にご支援をお願いします!


【アーカイブ】子ども・被災者支援議連の記者会見


 
政府が「原発事故子ども・被災者支援法」の基本方針を改定したことを受け、26日、子ども・被災者支援議員連盟が復興庁へ申し入れを行った。
 

住民避難「被ばく前提だ」~泉田知事が田中委員長と初面会

Video preview image

全国知事会の危機管理・防災特別委員長を務める泉田裕彦新潟県知事は24日、原子力規制委員会の田中俊一委員長と初めて面会し、原発事故の際に、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用できるようにすることなどを要望した。

「被ばくは国の責任」井戸川前双葉町長が裁判で追及

Video preview image

東京電力福島第一原発事故により、「被曝し、精神的な被害を受けた」として、双葉町の井戸川克隆前町長が国と東京電力に対し、およそ1億5000万円の損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が21日、東京地裁で開かれた。
 

「原発ゼロ」2年で幕、根強い反対の中で再稼動

Video preview image

九州電力は、11日の午前10時30分、川内原子力発電所の1号機を再稼動させた。東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原子力規制委員会が定めた新規制基準の下で原発が動いたのは初めて。国内で原発が稼動するのは1年11ヶ月ぶり。

川内原発「安全性に問題」2000人が異議申し立て

Video preview image

九州電力川内原発1号機の老朽化対策を認可した原子力規制委員会に対して、7日、「原子力規制を監視する市民の会」のメンバーらが、原子力規制委員会の審査は不十分で取り消すべきだと異議申立書を提出した。川内原発は、来週にも再稼動が見込まれている。