TOP

小児甲状腺がん

福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」〜医学誌に論文

福島県で実施されている小児甲状腺検査の結果データを分析した論文が、国際環境疫学会の発行する「医学雑誌「エピデミオロジー(疫学)」での掲載が決まり、オンライン上で先行公開された。

福島県の甲状腺検査「新秘密会」?〜山下俊一氏が座長


映像:8月31日開催の福島県「県民健康調査」検討委員会

北茨城市検査で、小児甲状腺がん3人 

北茨城市は25日、東京電力福島第一原発事故により放出された放射性物質の健康影響について調べるために、独自に実施していた甲状腺検査で、3人が甲状腺がんと診断されたと発表した。

「福島県は世界最大の実験場」「1ミリで支援」山下俊一氏

福島第一原子力発電所事故に伴う健康問題に対応するために、福島県の放射線リスクアドバイザーに就任していた長崎大学の山下俊一教授が事故直後の5月、「福島県は世界最大の実験場」などと発言していたことが分かった。

甲状腺がん109人「放射線の影響とは考えにくい」~福島県・評価部会