TOP

五輪日程が決定〜帰宅難民の恐れも

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 07/20/2018 - 05:02

2020年東京五輪の競技日程の全体像が固まった。国際オリンピック委員会(IOC)の理事会は18日、水泳競技以外の日程を承認した。史上最多の33競技339種目が行われるため、タイトなスケジュールとなった。
 
多額の放映権料を払う米国のテレビ局に配慮した結果、真夏の開催となっている五輪。開催期間は、7月24日から8月9日までの17日間だ。最も早い試合は、福島県福島氏のあずま球場で開催される女子ソフトボールで、開会式前の22日午前10時がプレイボールとなる。
 
一方、競技の始まりが最も早いのは競歩で、午前6時のスタートとなる。暑さ対策の必要性から、このほかマラソン(午前7時)、ゴルフ(午前8時)間が当初の予定より早いスタートとなった。米国テレビ局のゴールデンタイムに合わせて、競技時間帯が決まっているものもある。例えば、陸上競技は、午前9時から13時半まで競技をした後しばらく休み、19時から22時まで再び競技を再開する。バスケやバレーボール、サッカーの終了時間は23時台。観客やボランティアが帰りの足を確保できるのか懸念される。
 
主な競技のスケジュール
(開会式と閉会式の開催時間は立候補ファイル時の予定)
エクセルの表をダウンロード
 
バレーボールの試合が行われる有明アリーナはゆりかもめの有明テニスの森が最寄駅となるが、新橋行きは23時58分が最終。豊洲行きは、53分、0時5分、15分の3本とわずかだ。ゆるかもめの定員は300人から350人。全ての観客を運ぶのは難しい。徒歩17分の距離にあるりんかい高速鉄道の国際展示場駅は、新木場方面の最終が23時以降の便は23時44分1本。大崎方面が23時42分と58分。ボランティアの輸送を含め、どのような交通手段が確保がなされるか未知数だ。
 
 
(左)有明アリーナ (右)さいたまスーパーアリーナ
 
チケット価格も決定
組織委員会は公式チケットの概要も公表した。気になる開会式は、最も安い席は1万2000円。最も高いチケットは30万円だという。一方、閉会式は最高価格が22万円と開会式よりやや割安となっている。
 
一般競技のチケットは、最も安い席で2500円〜3000円。最も高いのが競泳で5800円となっている。また、最高価格が高いのは陸上競技で13万円。次いで競泳とバスケットボールが10万8000円、バレーボールが8万1500円、体操が7万2000円、サッカーと野球が6万500円となっている。
 
主な種目のチケット価格帯

 
組織委員会によると、チケット全体の半数以上を8000円以下に抑えているという。また、子どもや高齢者、障害者など家族やグループで、開会式・閉会式を含めて全ての競技を観戦できる一人2020円のグループチケットを発売する予定だ。チケット売り上げの総額は850億円を見込んでいる。
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。