TOP

「復興五輪全面に」聖火リレー決定

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 07/12/2018 - 12:17


東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は12日、国や東京都と開いた調整会議で、東京五輪の聖火リレーを福島県からスタートすることを決定した。
 
福島から聖火リレーがスタートするのは、2020年3月26日。47都道府県を121日間かけて時計回りに一周する。組織員会の森喜朗会長は、「聖火リレーはオールジャパンで、復興した姿を世界に見せる」と説明した。
 
この日は午後、東京五輪の進捗状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)と組織委員会の第6回の調整会議が開かれ、競技日程や運営費について協議した。会見後、聖火台の設置場所について、お台場が検討されているとの一部メディアの報道を受け、記者らが確認に追われる場面もあってが、組織委員会は否定した。
 
聖火台の設置場所をめぐっては、新国立競技場が木造なため、競技場内に常設することは難しく調整が難航している。
 
聖火リレーが誕生したのはナチス時代
五輪の象徴といわれている聖火台や聖火リレー。そもそも、五輪の聖火リレーがはじまったのは、ナチス政権下で開催された1936年のベルリンオリンピックだ。スポーツジャーナリストの谷口源太郎さんは、「ナチスが国民総動員の手段とし、国威発揚に利用したという負の側面がある。」と指摘。「復興五輪ではなく、原発事故の被害隠しに利用される。欺瞞だ」と、聖火リレーが政治利用される恐れがあると警鐘を鳴らす。
 
福島県内では歓迎ムードがある一方、モニタリングポストの撤去などが進む中、「復興ばかりがアピールされ、原発事故の幕引きに利用されるのでは?」といった声も根強い。組織委員会は今後、聖火リレーのコースについて47都道府県と調整し、詳細なルートを来年の夏までに決定する方針だ。
 
聖火リレーのスケジュール(C)組織委員会

 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。