TOP

五輪のマラソンコース公表〜名所重視、暑さは考慮せず

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 05/31/2018 - 03:19


 
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は31日、東京2020五輪のマラソンコースを発表した。コースでこだわったのは、建設中の新国立競技場(千駄ヶ谷)をスタートとゴールとすること。そして東京の名所を回ることだ。暑さ対策は考慮しなかったという。
 
公表されたコースは新国立競技場から皇居を通り、日本橋から雷門を経由し、東京タワーで押し返して再び新国立競技場に戻る42・195キロのコースだ。過去のリオ五輪やロンドン五輪では、街を繰り返し周遊するコースだったが、今回は東京の名所を回るのが特徴だ。神保町交差点と日本橋交差点は、選手が3回通過する。
 
最大の問題となる暑さ対策については考慮していないといい、大会全体を通して、政府と都と協議しているという。組織委員会アスリート委員会の
高橋 尚子委員長は、「暑さ対策が一番の問題となるが、選手はコースと時間が決まれば合わせてくる」と述べた。競技時間は7月のIOC理事会を経て、なるべく早く公表したいという。大会招致ファイルでは午前7時半にスタートの計画だった。
 

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会資料を一部加工
 
8時にスタートした場合の通過時間イメージ(男子)
8:00 
新国立競技場から外苑西通りを通り富久町で右折。
靖国通りから外堀通りを進んで、市ヶ谷、飯田橋と通過し水道橋で右折。白山通りを直進して神保町交差点まで戻り、靖国通りを神田方面に進み、神田須田町で中央通りに右折。山手線のガード下を通過すると東京の真ん中、日本橋に至る。
 
8:30(10キロ)
日本橋から永代通りを茅場町まで進んで左折し、新大橋通りを水天宮の先さらに左折。清澄通り、江戸通りを直進して雷門前で折り返す。再び戻り、日本橋へ。
 
9:00(20キロ)
日本橋から、中央通り沿いに銀座を通過し新橋駅前で右折。再びJRのガード下を潜り、日比谷通りを増上寺まで走り、東京タワーを見ながらUターン。再び日本橋まで戻り、神田須田町へ。
 
9:30(30キロ)
神田須田町から靖国通りを神保町まで進み左折。皇居を見ながら内堀通りを進み、二重橋前でUターン。再び神保町まで戻り、水道橋、飯田橋をへて、外堀通りの上り坂を上がり、新国立競技場へ。
 
10:00すぎ(42・195キロ)
新国立競技場
 

東京2020組織委員会作成動画
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。