TOP

渋谷区が予告なく公園封鎖~宮下公園

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 03/31/2017 - 18:40


3月28日撮影 宮下公園入り口
 
渋谷区は27日朝、宮下公園の再開発工事のために、公園の出入り口を予告なしに封鎖した。公園内には、野宿労働者数人がいたが強制的に排除し、鋼板で仮囲いした。これを受け、渋谷駅周辺の野宿労働者を支援している市民団体「渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合(のじれん)」は31日、「人間の尊厳を踏みにじる」行為だとして、渋谷区に対する抗議声明を発表した。
 
渋谷区は、2020年東京オリンピックを視野に入れ、宮下公園の再開発を計画している。2020年春までの開園を目指して、宿泊施設(ホテル)や商業施設などを建てる考えだ。しかし、公園の機能を大幅に変えるために、都市計画の見直しが必要となり、現在も都市計画審議会で議論が続いている。
 
渋谷区は、今回の封鎖について、「ホームレス支援団体と称する団体が、違法行為を続けたため、仮囲いが必要であると判断した。利用者の皆様に対しましては、やむを得ず公園を閉鎖することになりご不便をかけてしまいます」との見解を公表した。また、「約25人のホームレスがおりましたが、社会復帰に向けた支援などの取り組みを重ねてきた結果、シェルターやアパートへの入居が完了しております。」と野宿者排除はなかったとの立場を主張している。
 
OurPlanetTVの取材に対して、渋谷区の公園プロジェクト推進担当の斉藤課長は、「封鎖時に野宿者が7人ほどいた。封鎖後、話をして、雨が止んだら自主的にどこかに出られた。公園は、2020年春までに完成させたい」と説明した。
 

 
 
都市計画が固まる前の突然の公園封鎖について、宮下公園の野宿者とも繋がりがあり、その日も現場にいた小川てつオさんは、「渋谷区がつくろうとしている公園は、誰もが利用できる公園ではなく、本来の公園とは全く異なる。野宿者の強制排除がそれをよく表している」と渋谷区を批判した。
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。