TOP

「民主主義問い続けた」シールズ解散、今後もそれぞれ活動

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 08/16/2016 - 08:41
Get the latest Flash Player to see this video.

終戦記念日にあたる8月15日に解散した「SEALDs(シールズ)」。
集団的自衛権を容認する安保法案に反対するために、昨年の5月3日憲法記念日に発足。国会前デモを行い、法案成立後も、参議院議員選挙の野党共闘や市民参加について呼びかけ続けた。解散を受けて16日、永田町の衆議院議員会館で、メンバー約25人が今の気持ちを語った。
 
中心メンバーで、参議院の中央公聴会で意見陳述もした奥田愛基さん(24歳)は、デザインにこだわったプラカードや映像、「民主主義って何だ」というラップ調のコールなど、斬新な表現が若者に大きな注目を集める一方、バッシングを受けたことを振り返り「この社会で、若者が政治にYESやNOと言うことは大変だった」と吐露、「民主主義とは何か、問い続け、答える努力をしてきた」と自負を語った。
 
若者の政治への関心の低さが問題となる中で、なぜ活動を続けてきたのか。ラップでもメッセージを伝えている牛田悦正さん(23歳)は「安倍政権は、国が守るべき立憲主義を守っていない」と危機感をあげる。「僕らの生そのものが、目に見える形で危ぶまれている」と訴えた。大学2年生の奈良みゆき(20歳)さんは、7月の参議院議員選挙時に、情報発信プロジェクトに関わり、皆で協力して政治に関わることが楽しかったという。まだまだ皆で一緒に活動したいという思いを抱えているが「今後も自分で孤独に思考し、判断し、思ったことをやっていきたい」と政治に関わっていくことを続ける。
 
沖縄・宜野湾市出身の元山仁士郎さん(24歳)は、沖縄県内の大学生や若者とともに、昨年8月15日(終戦記念日)に「SEALDs 琉球」を結成。元山さんは、沖縄の高江や辺野古の米軍基地抗議現場なども訪れた。「沖縄との架け橋のような役割をしてきた。これで終わりではない」と話した。SEALDs 琉球は、当面、活動を続ける予定だ。
 
関連リンク
SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)
http://www.sealds.com/
 
関連動画
「絶対止める」~安保法案の抗議連日続く(2015年9月14日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1975
国会前「民主主義の広場」へ〜安保法案抗議(2015年8月30日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1971
「憲法守れ」若者の声、深夜まで国会前にこだま(2015年7月16日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1944
安保法案強行可決〜国会内外に怒号(2015年7月15日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1942
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。